天然石パワーストーンのダントツ人気サイト|開運なび

パワーストーン天然石の意味を詳しく解説

開運なびオンラインショップへ

タイガーアイの意味・効果・浄化方法

1.パワーストーンデータ

タイガーアイの浄化方法

基本的にはどの浄化方法でも大丈夫ですが、粗塩で行う場合はごく短時間で済ますようにします。
タイガーアイは外部に向けてエネルギーを発散する特性があるため、できるだけこまめにパワーチャージをしてあげると、石も長持ちします。

石の暗示

仕事運、全体運、金運、勝負運、自己実現、決断力、実行力、積極性、強力な邪気祓い、霊的目的の現実化

こんな人に

仕事運を上げたい。開業のお守りが欲しい。ビジネスチャンスをつかみたい。勝負に勝ちたい。痴漢やストーカーから身を守りたい。金運・ギャンブル運を上げたい。優柔不断な性格を直したい。積極的になりたい。自分に自信をもちたい。

対応チャクラ

中腹、下腹、頭頂

相性の良い方位

西、南西、東北

弱点

-

処理

加熱して赤い色に変色したものがレッドタイガーアイ、脱色処理したものがホワイトタイガーアイ、グレータイガーアイ、脱色後クロム鉛などを含浸して色を付けグリーンタイガーアイとして販売されています。

2.タイガーアイ・ストーリー

特徴

 濃茶の地色に光が当たると、シャトヤンシー効果で黄色〜金色の縞模様が浮かぶとても美しい石。その輝きはあたかも虎の目を思わせることから、タイガーアイ(虎目石)と呼ばれています。
 主要産地は南アフリカで、産出量が豊富で安定供給されています。

名称の由来

 研磨すると表面の模様が光りを反射してギラリと光り、その様子が虎の目を連想することから、このように呼ばれるようになりました。

パワーストーンとしての意味

 水晶、ローズクォーツ、アメジスト等と並んで、パワーストーンとしての一般的な認知度が高く、価格も比較的安価で、「金運・仕事運アップに良い」と非常に人気があります。

 パワーストーンとしてはとにかく強力な石です。古来、金運はもちろんあらゆる吉運を招くとされ、強力な邪気払いとしても用いられてきました。
 持ち主の心に意識のコアのようなものを創り出し、信念を強化。自信と活力を与え、実行力をサポートします。直感力が研ぎ澄まされるので、何かを始めるときは、踏み出した先に何が待ち受けているのかを察知させ、難を逃れ、獲物を確実に捉えるサポートをするといわれます。自己実現の石といえるでしょう。
 ただし、注意していただきたいのは、この石がすべての欲望を満たしてくれるわけではないということ。当人が本当に必要としているものを捉える力を与えてくれるのであって、誤った願望や単純な欲望は逆に遠ざけてしまいます。力を持つ物はそれなりの責任も必要とされるということでしょうか。

 また、邪気祓いとしての威力も相当なもの。厄を放つ「邪眼」を防ぐとされるので、女性にとっては、覗き、痴漢、セクハラ、ストーカー対策の護符として力強い味方になるとされます。

タイガーアイの六芒星ペンダントの画像

▲タイガーアイの六芒星ペンダント。

 引っ込み思案の人や、コンプレックスに悩んでいる人には、生気を補給し、明るく積極的な方向に導いてくれるとされます。もちろん、ビジネスの戦場を渡り歩く人、商売繁盛を願う人、直感力が必要なギャンブラーなどには打ってつけのお守りで、一つは持っておくべきでしょう。
 ただ、誰かと激しく争っている場合などには、火に油を注ぐ結果にもなりかねないので、使う状況をよく見極めてください。虎同士を戦わせたり、龍虎を争わせるような真似は避けたほうが無難でしょう。

【ブルータイガーアイ(青虎目石)】
【ホークアイ、ファルコンアイ(鷹目石)】

 ブルータイガーアイ(青虎目石)は、地中における酸化を経ていないタイガーアイ、いわば「若いタイガーアイ」といえます。
 主成分であるクロシドライト本来の色が残っており、黒っぽい地色に、「青」というより「蒼」と表現したほうが似合いそうな色合いの神秘的な縞模様が浮かびます。

 別名ホークアイ、ファルコンアイ(鷹目石)とも呼ばれます(ブルータイガーアイの内、縞模様が丸めに入り、目を思わせる模様を浮かび上がらせた石だけを鷹目石と呼ぶ場合もあります)。
 黄金色のタイガーアイは大人の威厳と風格をたたえているのに対して、ブルータイガーアイはより俊敏で伸びやか、何者にも束縛されない自由闊達なエネルギーを放つとされます。
 深い蒼色は鎮静作用をもたらし、浮き足立ちそうなココロを鎮め、緊張を和らげるとされます。そういった意味では、勝負事や試合、発表会の際などに、強い力が必要なのにどうしても過剰に緊張してしまいがちな人には良いようです。

 また上空高く飛ぶ鷹のように、物事の全体像を見渡す視野をもたらすともいわれます。
 人間の意識はどうしても近視眼的になり、雑多な日常レベルの事象だけに集中しがちで、物事の本質や出来事の裏側にある大きな目的を見通すことができにくい傾向にあります。
  そのようなときに、ホークアイはより高い視野、すなわち霊的な視野から人間界での出来事を冷静に眺める助けになるとされます。
(鷹はしばしば神の使い、すなわち眷属とみなされます)

 総じて、ブルータイガーアイは「冷静な行動力」「醒めた敏感さ」「高所からの洞察力」といった効果を持つ石といえるでしょう。
 対応チャクラは、眉間、下腹、喉。相性の良い方位は、東、東北。

 米国のクリスタル研究家カトリーナ・ラファエルは、「ホークアイとタイガーアイは、デュオとして使われたとき、天国のダイナミックな体験を地上において創り出す手助けをします」と述べています。

ブルータイガーアイのブレスレット

▲ブルータイガーアイのブレスレット。

【アイアンタイガー(鉄虎目石)】

 主にオーストラリアで産出される石で、タイガーアイの主成分にジャスパーやヘマタイトが加わったもの。南ア産に比べて鉄分の含有量が多く、縞模様に渋い赤銅色が混じるタイプが多くなります。
 それゆえに、アイアンタイガー(鉄虎目石)と呼ばれるようになりました。
 他に、バンドルタイガーアイと呼ばれる場合もあります。
 南アフリカ産のタイガーアイは、厚みのあまりない状態で産出するため、平板状の加工品は出来ても、直径40ミリ以上の丸玉や厚みのある彫り物などは作りにくいという難点があります。
 一方で、オーストラリア産のアイアンタイガーは大きな塊状で出るため、直径の大きな丸玉も作ることが可能です。
 パワーストーンとしては、タイガーアイの暗示に加えて、さらに強固な意志力と不動の決意、肉体的なスタミナやグラウンディングをサポートするとされます。

アイアンタイガー原石の画像

▲アイアンタイガー原石の一面磨き。

【レッドタイガーアイ(赤虎目石)】

 タイガーアイに加熱処理を施して、赤っぽく色調を変えたものです。
 加熱の仕方によってかなり強い赤色から、落ち着いた小豆色を呈したものまであります。
 タイガーアイのエネルギーを加熱によってさらに引き上げるように試みたもので、強烈な波動が、一種の強壮剤や心理的なカイロの役割を果たす暗示があるとされます。とくに、秋〜冬の季節など心身がどうしても縮こまり気味のときや、やる気が起きないときなどにはぴったり。また季節にかかわらず、どうしてもやる気が起きないときや、強いパワーが必要な人にはお奨めです。
 レッドタイガーアイを付けたいけれどちょっと波動的に強すぎると感じる人ならば、水晶のブレスも同時にはめることで中和を計ってみるとよいでしょう。
 ごくまれに自然界のマグマによる加熱で、部分的に赤くなったタイガーアイもありますが、レッドタイガーアイのほとんどは人工加熱処理されたものと考えて間違いありません。

レッドタイガーアイのブレスレット

▲レッドタイガーアイのブレスレット。

【ゴールデンタイガーアイ(金虎目石)】

 通常のタイガーアイを強酸性の溶剤に浸して脱色した処理石です。タイガーアイ特有の縞模様が溶け出して、濃い茶色や黒っぽい部分の色合いがより薄くまろやかになり、全体的に黄色っぽいトーンが増すので、ゴールデンタイガーアイと呼ぶようになりました。
 ただ、ひと口に「ゴールデン」と言っても、原石の色合いや処理の状態によって色合いにかなりの幅があり、全体的に黄色や黄土色系のタイプから、通常のタイガーアイが若干まろやかになった程度のものまでと様々です。
 通常のタイガーアイに比べて波動的にも柔らかくなっていますので、タイガーアイを楽しみたいけれどギラギラと強い感じに抵抗があるという方でも、幾分付き合いやすくなっています。
 また、色合い的により金色系が増していますので、「類は友を呼ぶ」ごとく、色風水的にも金運を引き寄せやすくなっていると考えられます。
 ゴールデンタイガーアイは、そもそも脱色処理をした石に対して名付けられたものです。
 しかし処理をしていない通常のタイガーアイの中にも、縞模様がはっきりしていずに比較的黄色い部分が多く、柔らかな質感のものもあります。これを指して「脱色していないゴールデンタイガーアイ」と呼び特別視するケースもあるようですが、こうしたタイプの石は普通に産出するもので、特別希少石であるわけではありません。

ゴールデンタイガーアイのブレスレット

▲ゴールデンタイガーアイのブレスレット。

【ホワイトタイガーアイ(白虎目石)】

【グレータイガーアイ(灰虎目石)】
【グリーンタイガーアイ(緑虎目石)】

 タイガーアイを特殊な溶剤に浸し、脱色処理したものが、ホワイトタイガーアイ、グレータイガーアイ。
 脱色後、クロム鉛などを含浸することで色を付けたものが、グリーンタイガーアイです。

3.ヒーリング効果

 タイガーアイの地色である濃茶色は中腹〜下腹のチャクラに呼応しますが、光を浴びて輝く金色の光は、頭頂より上の高次のチャクラに呼応します。
 これは高次元における意図、すなわちスピリットとしての自分の意識や目的を認識し、それを肉体的な現実の生活に反映させることを意味しています。
 現実生活における問題や肉体の症状は、自分本来の目的から外れているときに発生するケースが多いため、その意味ではタイガーアイの波動を頭頂から中腹〜下腹に降ろすことで、問題の正体を認識する手助けになる可能性があります。
 虎の目は暗闇でも光るせいでしょうか、タイガーアイはその昔、夜盲症の治療に用いられたとされる報告があります。
 また、頭痛や喉の不調にも用いられる場合があります。
 ただし、これらの効果・効用は現代医学で証明されているわけではありません。

4.鉱物データ

鉱物名 角閃石入り石英
別名 -
誤称 -
主な
産出地
南アフリカ、中国
分類 珪酸塩鉱物
化学組成 Na(Fe,Mg)3Fe2Si8O22(OH)2+SiO2 ナトリウム、鉄、マグネシウム、水分子、珪素、酸素の化合物
結晶系 単斜晶系(角閃石)
晶癖
(形状)
繊維状、全体としては塊状
主な
色合い
濃茶色、黄色色、褐色、黒色
条痕色 黄色、褐色、白色
硬度 6.5〜7
劈開 なし
比重 2.60〜2.65
屈折率 1.53〜1.54
似て
非なる石
ピーターサイト

その他

 主成分は角閃石の一種であるクロシドライト(青石綿)で、そこに石英の溶液が染みこみ、凝固したもの。大地の奥深くで長い年月を経るうちに、クロシドライトは溶けていき、絹を思わせる繊維状の結晶構造が次第に石英に置き換わり、これが虎の目を思わせる光を反射する要因になっていると考えられます。
 茶色〜金色に発色するのは成分が酸化したためで、酸化せずにクロシドライト本来の色が残ったまま石英化したものはブルータイガーアイになります。
 主産地は南アフリカ。オーストラリア、インド、中国でも産出します。

パワーストーンの意味や効果に関する記述について

・当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
・当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。
※「開運なび」「開運ナビ」は、登録商標です。無断使用を禁じます。(第5170416)サイト運営者について

▲目次