天然石パワーストーンのダントツ人気サイト|開運なび

パワーストーン天然石の意味を詳しく解説

開運なびオンラインショップへ

タンザナイトの意味・効果・浄化方法

「転機を助ける選択の要石 〜12月の誕生石」

タンザナイト

通称:タンザナイト
英名:Tanzanite
和名:ゆうれん石
関連:-

1.パワーストーンデータ

タンザナイトの浄化方法

お奨めの浄化方法は、水晶クラスターか、ホワイトセージによる浄化です。

石の暗示

転機を助ける、ショックを和らげる、感情を抑え冷静さをもたらす、正しい判断とベストな選択、思考と感情をつなぐ、より良い人生に導く

こんな人に

人生の節目にいる。選択に困っている。どうすれば良いか分からない。自意識過剰である。カウンセリングやヒーリングを生業としている。

対応チャクラ

眉間、胸、喉

相性の良い方位

北西

弱点

モース硬度は6〜7程度なのである程度の硬さはありますが、一方向に割れやすい劈開の性質を持つため、強い衝撃を与えないように気をつけたい石です。

処理

タンザナイトは加熱処理を前提とした石です。タンザナイトの原石、すなわちゾイサイトは茶褐色であり、加熱処理を施すことで独特の青紫色を発色します。発色要因は、タンザナイトに含まれる微量のバナジウムと考えられてます。 
非加熱のタンザナイト、つまり処理していないゾイサイトで青い色を呈したものはあったとしても極めて希です。

2.タンザナイト・ストーリー

タンザナイトの特徴

 一見するとサファイアやアイオライト等と混同しがちですが、柱状に結晶したものには縦の条線が出ています。
 最大の特徴は、光源によって色が変わって見える多色性。自然光の下では群青色ですが、白熱灯下で見ると赤紫色を帯びて見えたり、青色と紫色の両方を見せたり、見る角度によって色が違って見える場合があります。

名称の由来

 産出地であるタンザニアにちなんで、ティファニー社のヘンリー・B・プラットによりタンザナイトと名付けられました。
 ブラットは、この石には魅力的な流通名が必要と考えました。なぜなら、鉱物的には青いゾイサイトであるこの石を「ブルー・ゾイサイト」と呼んでしまっては、石の魅力を伝えられないばかりか、「ブルースーサイド(自殺)」と語感が似てしまうからです。そこで、この石の色調は、採掘地タンザニアの夕暮れの空を連想させることから、「タンザナイト」と名付けたそうです。
 タンザナイトの色は、まさに宵闇迫るタンザニアの空の色。そのネーミングセンスは、高く評価されることになりました。

ちっちゃな タンザナイト ブレスの画像

▲美しいタンザナイトのブレス。

タンザナイトの意味

【タンザナイトの発見と熱狂】

 タンザナイトが発見されたのは1960年代、タンザニアのキリマンジャロの麓にあるメレラニ丘陵においてです。
 発見にいたるストーリーは複数あるのですが、もっとも信憑性が高いとされるのは、地元マサイ族の牧夫アリ・ジュヤワツ(Ali Juuyawatu)が、透明な青い石の欠片を見つけたというもの。それはちょうど落雷による野火で牧草が焼けた後のことでした。アリは、地元でルビーを探していた探鉱者のマヌエル・ド・スーザ(Manuel D'Souza)に拾った石を見せたところ、彼は最初それをサファイアだと思ったそうです。
 しかし鑑別した結果、サファイアよりも複雑な組成をした別種の石であることが判明。鉱物的にはゾイサイトの一種でしたが、それまで青い色をしたゾイサイトは知られていませんでした。もしかしたら野火によって焼かれたため、青く変化していたのかもしれません。
 この石がティファニー社の目にとまり、前述のように流通名として「タンザナイト」と名付けられました。
 ティファニー社はタンザナイトを「20世紀の宝石」と謳い、大々的に販売。独特の青紫色を帯び、エキゾチックな名前を冠したこの石は、熱狂的に迎えられ、たちまちジュエリー業界を席巻しました。その人気は留まるところを知らず、あまりに人気が続くため、正式に12月の誕生石リストに加えられました。

【パワーストーンとしての意味】

 ジュエリーとして非常に人気の高いタンザナイトですが、発見からわずかな期間でこれほど人々に受け入れられたのには、それなりの理由があるはずです。
 もちろん石自体の美しさ、命名したティファニー社のマーケティング力は偉大です。
 しかしそれだけではなく、やはり石の持つ力が時代にマッチしていた、つまり人々がそのパワーを必要としていたと考えるのが自然でしょう。

(転機を助ける選択の要石)
 タンザナイトをパワーストーンとして観た場合、その力の暗示は「転機を助ける選択の要石」と表現できます。
 周囲の状況や人に対して「正しい判断」を下し、数ある選択肢の中から「ベストなものを選ばせる」、そうしたサポートを期待できます。とくに困難な状況や人生の節目において役立ちます。

 私たちは人生の節目においてギリギリの選択を迫られます。
 例えば、結婚しようかどうか迷っているとき、転職すべきか否かといった今後を決めかねるときもあれば、思いもかけなかった離婚、リストラによる失業、家族との死別といった突然の状況の変化まであります。
 このようなときに、今後どうすべきか様々な可能性を検討し、ベストな選択を行い、前に進むことができれば良いのですが、往々にしてそれはできません。なぜなら、私たちの多くは感情に振り回されるだけで、立ち尽くしてしまうからです。
 不安や怖れといったネガティブな感情を抱けば、未来を客観的に観ることはできませんし、逆に過度な期待や根拠のない楽観視も同様です。まして恋人との別れや家族との離別などが訪れたら、感情的なショックだけに支配されて、普通に物事を考えることさえできなくなってしまいます。ただ悲嘆に暮れて「いったいどうしたらいいの!」と叫びたくなるでしょう。

 いったいどうしたら良いのでしょう?
 そんなときに助けになってくれるのがタンザナイトです。

(感情に振り回されずベストな選択を)
 タンザナイトはまずショックを和らげようとします。目の前の出来事のインパクトや、かき乱された感情にふりまわされず、状況を正しく把握し、理性的な思考をするように持ち主を導きます。
 その場のなりゆきで感情的な結論を下してしまっては、後になって後悔してしまいます。
 例えば男女の別れの場面。
 パートナーの浮気が発覚して激高し、その場で離婚を宣言することは簡単です。しかし早々に結論だけ出してしまっては、金銭面や、子供の親権、今後の生活などの点で困ることが出てきます。
 また逆のケースでは、不誠実な相手と早く別れた方が良いと分かっていても、相手への執着心を断ち切ることができず、ずるずると関係を続けてしまったりする人もいるでしょう。
 いずれの場合においても、タンザナイトは状況を冷静に把握することを助けます。それは自分自身についても、そして相手についても、感情の沸騰をおさめたうえで、冷静な思考に導いてくれます。
 タンザナイト独特のパワーは、持ち主がこの石と共に瞑想することにより、選ぶことの出来る選択肢とその未来の状況を提示して見せてくれるという作用です。極端に言えば、未来の様々な自分の姿を一覧表示の画像で見せてくれるようなものです。もちろんはっきりとしたビジュアルとして見ることができない人も多いでしょうが、強いインスピレーションを得ることができれば、その場におけるベストな選択肢を見分ける助けになります。
 結果として、激高した自分の感情を鎮め、相手の気持ちを思いやることができるようになって、別れを踏みとどまるケースもあれば、いくつかの未来の自分を垣間見ることで勇気をもって別れを決断するケースもあるでしょう。
 いずれにせよ、その人にとって、その時点でベストな選択を、タンザナイトがサポートするということです。

(人生は選択の積み重ね)
 前述のケースは、パートナーと別れるか否かという局面を取り上げましたが、もちろん人生における転機はこれだけに限りません。
 ネガティブな状況における転機もあれば、出会いや結婚、出産、引っ越し、進学、就職といったポジティブな転機もあります。どこに住み、どこで働き、誰と出会うかは、その後の人生を大きく決定づけていきます。
 さらに言えば、私たちの毎日の生活は、小さな選択の積み重ねです。何を感じ、どう考え、どのように表現するかで、目の前の現実は形作られていきます。
 このように、私たちは常に大小様々な転機に遭遇し、選択を繰り返しています。
 ただ、いちいち深く考えるようなことはせず、その場の気分やこれまでの惰性で物事を決める人がほとんどでしょう。なかには、ずっと昔に決めたことを変えず、延々と繰り返している人も多いはず。

 タンザナイトは転機において、「こんな形の人生もあるよ」「自分を表現するにはこんな方法もあるよ」という様々なパターンを、無意識の裡に提示して見せてくれます。そうした潜在効果がうまく作用すると、重大な転機や困難な状況にさしかかったときに、これまでの自分に固執することなく、ベストな選択ができる可能性が高くなります。
「タンザナイトは人生をより良い方向へ導く」と言われる所以です。

昔の牧歌的な生活とは違い、現代人の生活は加速度的に忙しくなっており、選択と変化の連続と言って良いほどです。タンザナイトが20世紀に現れ、熱狂をもって人々に迎えられたのは、当然のことなのかもしれません。

(思考と感情をつなぐ石)
 青紫色といった微妙な色合い、そして光源によって色調を変える特性は、タンザナイトが2つの原理をひとつに統合している現れです。
 メタフィジカルな視点から観ると、タンザナイトは「思考と感情をつなぐ石」であり、女性的でもあり男性的でもあります。感情や感覚といった情緒的な要素を、思考や論理といった冷静さで補い、表現していきます。
 このような特性を発揮させるためには、胸、眉間、喉の三カ所にゆっくりとタンザナイトを触れさせていき、それぞれのチャクラの波動をひとつにまとめるイメージを持つと良いでしょう。
 こうすることで感情だけに引きずられたり、理屈だけで机上の空論を振り回すことなく、心と身体がバラバラに動くことを避け、自分の中に「選択の中心地」を創り出すことができます。

(サファイア、アイオライトとの違い)
 サファイア、アイオライト、そしてタンザナイトの3つは、外観が似ているうえ、パワーストーンとしての意味も共通する部分が多々あります。とくに「困難な状況や問題にぶつかったとき助けになる」という暗示です。
 ではそのような時にどの石が適切なのか、あえて各石の異なる部分、というよりは特徴的な部分を取り上げてみましょう。

 まずサファイアは、問題の核心を極めようとします。
 困難な状況に陥ったときでも、ブレず、動じず、鋼のような強い心をもって、問題の核心を洞察することで、根本から解決しようという意図が強くなります。
 そのため、事態を完全に変えてしまうこともありますが、それによって自らも大胆に変わらざるを得ないという側面が出てきます。

 アイオライトは、「道を示す石」です。
 問題や困難に行き当たったとき、見方や考え方を変え、多面的に考えるサポートを行います。それによって進むべき方向性をクリアにしてくれます。

 タンザナイトは、より選択肢に焦点が当てられます。
 転機において様々な選択肢があった場合、それぞれの選択をした先にはどのような未来が待っているか、あるいはこういった生き方もあるのだよといった提示を、インスピレーションによってもたらしてくれるとされます。

 似ているとは言っても、並べてみるとやはり違いはありますので、あまり頭で考えすぎずに、自分の感覚を優先して選ぶと良いでしょう。

3.ヒーリング効果

 タンザナイトは精神を安定させる石であり、とくに感情の高ぶりによる弊害を鎮めるとされます。
 肉体面では、甲状腺や副腎の不調、眼病、体内の毒素排泄などに用いられるケースがあるようです。
 また、カウンセラーやヒーラーの方にとっても有用な石です。相談者や施術対象者から話を聞く場合、相手の方は往々にして感情に基づいて語りますので、それを理性的に受け止め、論理的に解釈し判断していくことを助けるとされます。
 ただし、これらの効果・効用は現代医学で証明されているわけではありません。

4.鉱物データ

鉱物名 ゆうれん石
Zoisite(ゾイサイト)
別名-
誤称-
主な
産出地
タンザニア
分類珪酸塩鉱物
化学組成 CA2Al3(SiO4)3(OH) カルシウム、アルミニウムなどの化合物
結晶系斜方晶系
晶癖
(形状)
柱状、塊状
主な
色合い
加熱前の原石の状態では茶褐色
条痕色無色
硬度 6〜7
劈開完全
比重 3.1〜3.4
屈折率 1.69〜1.70
似て
非なる石
サファイア、アイオライト

その他

-

パワーストーンの意味や効果に関する記述について

・当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
・当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。
※「開運なび」「開運ナビ」は、登録商標です。無断使用を禁じます。(第5170416)サイト運営者について

▲目次