天然石パワーストーンのダントツ人気サイト|開運なび

パワーストーン天然石の意味を詳しく解説

開運なびオンラインショップへ

ソーダライトの意味・効果・浄化方法

「恐怖と混乱を鎮める」

ソーダライト

通称:ソーダライト
英名:Sodalite(ソーダライト)
和名:方ソーダ石
関連:-

1.パワーストーンデータ

ソーダライトの浄化方法

水晶クラスターによる浄化をお奨め致します。

石の暗示

新陳代謝の促進。理性的な行動の促進、恐怖や心の混乱を鎮める、意志力の強化、悪霊や邪気を祓う

こんな人に

代謝が良くない、便秘気味である。すぐに感情的になる。あがり症をなんとかしたい。訳の分からない不安感がある。

対応チャクラ

喉、胸

相性の良い方位

弱点

-

処理

染料による着色や、クラック部に樹脂浸透を行う場合があります。

2.ソーダライト・ストーリー

ソーダライトの特徴

 一般的なソーダライトは、暗い紺色をまとったものが多く、見た目がラピスラズリに似ていることから、ラピスの代用品としてもよく見かけられ、実際にラピスとして販売されている場合も多々あります。しかし、ラピスよりは格段に安価な石です。
 ラピスよりは黒っぽい紺色をしており、粉末にすると色がなくなってしまう点が特徴です。

名称の由来

 ソーダ分を多量に含むことから、鉱物を表す「〜ライト」の語尾を付けて、ソーダライトと名付けられました。

ソーダライトの意味

 古代からラピスラズリと間違われてきたか、あるいは同種のパワーを持つ石と考えられてきました。
 例えば、古代エジプトではラピスラズリが非常に重要視されましたが、ソーダライトを使った豪華な首飾りも出土しています。
 パワーストーンとしては、邪気を祓い、恐怖心を抑え、心の混乱を鎮め、意志の強化を計るとされます。
 頭脳運にも良く、理性的な思考・行動を取る手助けをするとも言われます。
 すぐに感情的になったり、衝動買いや自暴自棄、暴飲暴食気味の人には、悪習を改善するお守りになってくれるとされます。

3.ヒーリング効果

 ストーンヒーリングの分野では、新陳代謝の改善、解毒、眼病治療に用いられたという報告があります。
 ただし、これらの効果・効用は現代医学で証明されているわけではありません。

4.鉱物データ

鉱物名方ソーダ石
Sodakite(ソーダライト)
別名-
誤称-
主な
産出地
カナダ、ブラジル、ナミビア、他
分類珪酸化合物
化学組成Na8Al6Si6O24Cl2
結晶系等軸晶系
晶癖
(形状)
塊状
主な
色合い
暗紺色
条痕色白色
硬度5.5〜6
劈開一方向に明瞭
比重2.14〜2.40
屈折率1.48〜1.49
似て
非なる石
ラピスラズリ、アズライト

その他

-

パワーストーンの意味や効果に関する記述について

・当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
・当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。
※「開運なび」「開運ナビ」は、登録商標です。無断使用を禁じます。(第5170416)サイト運営者について

▲目次