天然石パワーストーンのダントツ人気サイト|開運なび

パワーストーン天然石の意味を詳しく解説

開運なびオンラインショップへ

レッドタイガーアイの意味・効果・浄化方法

「心の強壮剤」

レッドタイガーアイ

通称:レッドタイガーアイ、レッドタイガーズアイ
英名:Red Tiger's eye
和名:赤虎目石
関連:-

1.パワーストーンデータ

レッドタイガーアイの浄化方法

基本的にはどの浄化方法でも大丈夫ですが、粗塩で行う場合はごく短時間で済ますようにします。
レッドタイガーアイは外部に向けてエネルギーを発散する特性があるため、できるだけこまめにパワーチャージをしてあげると、石も長持ちします。

石の暗示

強壮剤、暗示的な「熱」を与える

こんな人に

落ち込み気味で元気がない。やる気が起きない。心の寒さを感じる。火事場の馬鹿力が欲しい。強制的な行動力が必要。

対応チャクラ

尾骨、下腹

相性の良い方位

弱点

-

処理

タイガーアイを加熱処理したものです。

2.レッドタイガーアイ・ストーリー

レッドタイガーアイの特徴

 タイガーアイに加熱処理を施して、赤っぽく色調を変えたものです。
 加熱の仕方によってかなり強い赤色から、落ち着いた小豆色を呈したものまであります。

名称の由来

 通常の茶金色のタイガーアイに対して、赤っぽい色を呈していることから、レッドタイガーアイと呼ばれます。

レッドタイガーアイの意味

 タイガーアイのエネルギーを、加熱することによってさらに引き上げるように試みたもので、強烈な波動が、一種の強壮剤や心理的なカイロの役割を果たす暗示があるとされます。とくに、秋〜冬の季節など心身がどうしても縮こまり気味のときや、やる気が起きないときなどにはぴったり。また季節にかかわらず、どうしてもやる気が起きないときや、強いパワーが必要な人にはお奨めです。
 レッドタイガーアイを付けたいけれどちょっと波動的に強すぎると感じる人ならば、水晶のブレスも同時にはめることで中和を計ってみるとよいでしょう。
 ナチュラルな状態でのレッドタイガーアイは、基本的には存在しません。ごくまれに地中のマグマの熱で一部分だけ赤くなったタイガーアイもなくはないのですが、製品を作られるほどは採れません。レッドタイガーアイとして市場に流通しているものは、加熱処理されたものです

3.ヒーリング効果

 心理面やオーラに対して、一種の強壮剤や、温かな懐炉(カイロ)のような役割を果たすと言われています。
 ただし、これらの効果・効用は現代医学で証明されているわけではありません。

4.鉱物データ

鉱物名 角閃石入り石英
別名 -
誤称 -
主な
産出地
南アフリカ、中国
分類 珪酸塩鉱物
化学組成 Na(Fe,Mg)3Fe2Si8O22(OH)2+SiO2 ナトリウム、鉄、マグネシウム、水分子、珪素、酸素の化合物
結晶系 単斜晶系(角閃石)
晶癖
(形状)
繊維状、全体としては塊状
主な
色合い
赤褐色
条痕色 黄色、褐色、白色
硬度 6.5〜7
劈開 なし
比重 2.60〜2.65
屈折率 1.53〜1.54
似て
非なる石
-

その他

-

パワーストーンの意味や効果に関する記述について

・当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
・当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。
※「開運なび」「開運ナビ」は、登録商標です。無断使用を禁じます。(第5170416)サイト運営者について

▲目次