天然石パワーストーンのダントツ人気サイト|開運なび

パワーストーン天然石の意味を詳しく解説

開運なびオンラインショップへ

ピーターサイトの意味・効果・浄化方法

1.パワーストーンデータ

ピーターサイトの浄化方法

 基本的にはどの浄化方法でも大丈夫ですが、ピーターサイトはいったん砕けた成分が自然界で再度くっついた石なので、粒子同士の隙間が空いていたりする場合もなきにしもあらずです。こうした箇所に塩分が入り込むのは避けたいので、粗塩浄化はあまりお奨めできません。
もっともお奨めする浄化方法は、ホワイトセージの葉を焚いて、煙に石を軽くくぐらせる方法です。

石の暗示

分離と再統合、混乱を鎮める、客観的考察、瞑想を助ける、人類愛、神の王国の鍵

こんな人に

孤独を感じる。仲間を増やしたい。トラブルの中に居て事態の整理ができない。人をまとめるリーダー役。ヒーリング業務に携わっている。瞑想の助けが欲しい。

対応チャクラ

中腹、喉

相性の良い方位

西、南西、東北

弱点

-

処理

-

2.ピーターサイト・ストーリー

ピーターサイトの特徴

 鉱物としては、タイガーアイと非常に近い石です。
 もともとはタイガーアイやホークアイだった成分が、地殻変動によって粉砕されたり変成作用を受けながらも、石英質が染み込むことで接着剤の役割を果たし、再び一つの鉱物として再誕生した石と考えられます。
 タイガーアイ特有のギラギラ輝くシャトヤンシー効果が見られますが、タイガーアイのように層状になっているわけではなく、他の成分とミックスされて渦を巻いている中にギラリと輝いたりするため、いっそう神秘的に見えます。
 こうした石の風貌や、その生成過程から、別名「テンペストストーン(嵐の石)」とも呼ばれます。

 現在、主な産出地はアフリカのナミビアと、中国です。どちらも非常に美しい様相を呈しますが、産地によって若干の違いがあります。
 ナミビアのピーターサイトは、角閃石の一種であるクロシドライト(Crocidolite、青石綿)が主成分となっており、外観は黒や濃紺色に灰色の模様が浮かんだ石が多いようです。
 中国のピーターサイトも角閃石成分が主成分ですが、鮮やかな茶色と黒色の模様が中心。深い色合いをした赤色や青色もあり、それぞれ茶色とミックスしているタイプもあります。

茶色と青色がミックスしたピーターサイトの画像

茶色と青色がミックスしたピーターサイトの画像

名称の由来

 1962年、アフリカのナミビアにおいてシド・ピーターズによって発見された石で、彼の名をとってピーターサイトと名付けられました。1990年代には中国でも発見されました。

ピーターサイトの意味

 ピーターサイトの中心的暗示は、「分離と再統合」にあります。
 一人一人の人間は、肉体を持つ個人として分離され、孤立しているように思いこみがちですが、実は魂の大元のレベルまでさかのぼると、宇宙と一体であるといわれます。ピーターサイトは、そうした原理を認識する手助けになる石であるとされます。
 他者から押しつけられた幻想や、自らの思いこみによる不安を解消し、執着を捨て去り、魂の美しさを悟るサポートをしてくれるとか、混乱と怖れを鎮め、リラックスをもたらし、自らの神性に気づくことで限界を超えた可能性の扉を開くといいます。

 テンペストストーンの別名通り、渦を巻いた嵐のように混乱を極めたように見える石の表面を見ていると、まるで混乱した自分のココロが石として物質化したように思え、混乱を客観的に見ることができるようになるのでしょう。
 そういった意味では、感情的に爆発してしまいがちな人にとって、この石は、自分自身を客観視して自己コントロールを働かせる一助となる可能性が考えられます。

 瞑想をサポートし、エーテル体に到達して潜在意識下にあるビジョンを視たり、アカシックレコードにアクセスする助けをするともいわれます。
 また、チャネラーやヒーラーなど、スピリチュアルな仕事に携わる人にもよく、自らのエネルギーを効率よく流し、他者のエネルギーの影響を受けたために感じる疲労感を解消する助けをするともいわます。

 グループや組織をまとめるためのお守りとしてもよいようで、バラバラになりがちな個々のメンバーの心に橋を渡し、コミュニケーションを促進し、ひとつのグループとして動くように助けるといわれます。
 その意味では、リーダー役の人が持つとよさそうです。
 バラバラになりがちな個々をまとめるという暗示は、高度な意味では、人類愛に目覚めるというレベルにまでつながり、ひいては魂の進化をもたらすことになります。

3.ヒーリング効果

 ストーンヒーリングの分野では、脳下垂体を刺激し、内分泌腺を活性化させてホルモンバランスを整え、血圧や体温の調整、生殖機能を整えるために用いられるという報告があります。
 チャクラ的には、すべてのチャクラを開く助けになるといわれますが、色彩的には中腹部への暗示が中心となります。また、喉や首筋のチャクラに置くと、潜在意識の考えと、魂の考えを合致させるための助けになるともいわれます。
 ただし、これらの効果は現代医学で証明されているわけではありません。


レッドピーターサイトのペンダント画像

▲レッドピーターサイトのペンダント。

4.鉱物データ

鉱物名角閃石入り石英
別名Tempests Stone(テンペストストーン)
誤称-
主な
産出地
ナミビア、中国
分類珪酸塩鉱物
化学組成NaFe(SiO3)2+混合物 珪素と酸素の化合物
結晶系単斜晶系(角閃石)
晶癖
(形状)
塊状
主な
色合い
茶色、赤色、黒色、青色
条痕色黄色、褐色、白色
硬度6.5〜7
劈開なし
比重2.60〜2.65
屈折率1.53〜1.54
似て
非なる石
タイガーアイ

その他

-

パワーストーンの意味や効果に関する記述について

・当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
・当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。
※「開運なび」「開運ナビ」は、登録商標です。無断使用を禁じます。(第5170416)サイト運営者について

▲目次