天然石パワーストーンのダントツ人気サイト|開運なび

パワーストーン天然石の意味を詳しく解説

開運なびオンラインショップへ

オニキスの意味・効果・浄化方法

「意志を強める石」

オニキス

通称:オニキス(ブラックオニキス)
英名:Black Onyx
和名:黒瑪瑙(くろめのう)
関連:-

1.パワーストーンデータ

オニキスの浄化方法

現在流通しているオニキスの大半は染色されたものですので、水による浄化を長時間行うと、色落ちする場合があります。
もっともお奨めする浄化方法は、ホワイトセージの葉を焚いて、煙に石を軽くくぐらせる方法です。

石の暗示

精神力・意志力の強化、運動能力の強化、邪念・邪気祓い

こんな人に

意志薄弱をどうにかしたい。スポーツに励んでいる。交際相手とすっきり別れたい。浮気に悩んでいる。頭髪で悩んでいる。

対応チャクラ

尾骨

相性の良い方位

弱点

染色されたオニキスの場合は、長時間水にさらすと色落ちすることがあります。

処理

通常の瑪瑙に黒い染料を染みこませたものが多く、現在流通しているブラックオニキスの多くはこのタイプになります。

2.オニキス・ストーリー

オニキスの特徴

 ややマットな質感の黒い色をしています。

名称の由来

 語源はギリシャ語で爪を意味する「Onux」。もともとは縞模様が出ているアゲート(めのう)を指していたのですが、今では単にオニキスといえば、ブラックオニキス(黒瑪瑙)を指す場合がほとんどです。
 本事典でもオニキス=ブラックオニキスとして取り上げています。

オニキスの意味

ブラックオニキスのブレスレット拡大画像

ブラックオニキスのブレスレット拡大画像

 邪念を祓い、ネガティブな波動を吸収し、意志や信念を強め、精神と肉体を安定させるため、古くは戦いの護符として用いられました。心の芯、肉体の芯を強化するといえばよいでしょうか。すぐに動揺したり、ヒステリックになったり、精神的・肉体的に乱れがちだったり、人の意見に流されやすい場合は、船のイカリのような役目を果たしてくれるとされます。

 インドの行者はわき上がる邪念や誘惑を祓うためにこの石を使ったとされ、カトリックでは情熱の抑制に使ったとされます。その意味では、浮気がちなパートナーに持たせるのも一案かもしれません。夫婦の幸福という暗示もあります。付き合っている相手と別れたいときに身につければ、冷静に関係を終わらせる手助けになってくれるかもしれません。
 ただし、オニキスに限らず、石の力を使って特定の相手に呪いをかけたり、ネガティブな波動を送って、攻撃するのは避けるべきです。そのエネルギーは巡り巡って自分に還ります。

 他に、運動能力を刺激するので、スポーツをする人には適しているとされます。

3.ヒーリング効果

 心と精神を安定させる石として用いられます。
 また、頭髪の悩みを解消するという暗示もありますので、困っている方は一度試してみてはいかがでしょう。
 ただし、こうした効果・効用は現代医学で証明されているわけではありません。

4.鉱物データ

鉱物名瑪瑙(めのう)
Agate(アゲート)
別名-
誤称-
主な
産出地
世界各地
分類酸化鉱物 石英グループ
化学組成SiO2 珪素、酸素の化合物
結晶系六方晶系/三方晶系
晶癖
(形状)
潜晶質多結晶
主な
色合い
黒色
条痕色白色
硬度7
劈開なし
比重2.60〜2.65
屈折率1.53〜1.54
似て
非なる石
ブラックトルマリン、オブシディアン、黒珊瑚、ジェットなど、黒い不透明石全般

その他

 水晶と同じ石英グループで、目に見えないほど細かい結晶の集合体です。
 「名称の由来」の項目に記載したとおり、もともとオニキスとは縞状の模様のある瑪瑙全般を指していました。そのため和名を「縞瑪瑙(しまめのう)」と表記する場合もあります。
 赤褐色の瑪瑙(=サード)と、白い瑪瑙が、交互に並び縞模様になった瑪瑙を、サードニクス(Sardonyx、紅縞瑪瑙)と呼びます。これはサードとオニキスを組み合わせた呼び名です。

パワーストーンの意味や効果に関する記述について

・当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
・当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。
※「開運なび」「開運ナビ」は、登録商標です。無断使用を禁じます。(第5170416)サイト運営者について

▲目次