天然石パワーストーンのダントツ人気サイト|開運なび

パワーストーン天然石の意味を詳しく解説

開運なびオンラインショップへ

レモンクォーツの意味・効果・浄化方法

「強力なポジティブさをもたらす」

レモンクォーツ

通称:レモンクォーツ
英名:Smoky Quartz
和名:レモン水晶、硫黄入り水晶
関連:-

1.パワーストーンデータ

レモンクォーツの浄化方法

長時間の日光浴は褪色の可能性があるのでおすすめできません。水晶クラスターによる浄化か、水による浄化をお奨め致します。

石の暗示

強力なポジティブさをもたらす、若々しい活力、心身にフレッシュ感をもたらす、心機一転を後押しする、夜間の怯え・不安から守る、混乱・錯乱を鎮める

こんな人に

理由のない気だるさ・倦怠感を感じる。頭がぼんやりしていることが多い。意識がもうろうとする。若々しくありたい。暗闇が怖い。心の底に闇を感じる。精神的に不安定だ。

対応チャクラ

中腹

相性の良い方位

西

弱点

直射日光に長時間さらすと、変色や褪色する可能性があります。

処理

後述のように、スモーキークォーツを加熱処理したタイプがあります。

2.レモンクォーツ・ストーリー

レモンクォーツの特徴

 レモンクォーツと呼ばれる石には2種類あります。水晶に硫黄(イオウ)が混入してほんのり黄色く色づいたものと、スモーキークォーツを加熱処理したものです。
 前者は透明感のある石は少なく、ほんのり穏やかな黄色を帯びていて、割るなどすると硫黄の香りがします。
 後者は透明感のある石が多く、石の外周や先端などが黒ずんで見えるのが特徴です。
 シトリンはどちらかと言えばブラウンやゴールド系の黄色であるのに対して、レモンクォーツはよりレモン色に近い黄色を帯びています。

名称の由来

 外観がレモン色を呈していることから名付けられました。

レモンクォーツの意味

 レモンクォーツとは言い得て妙で、レモン色をした水晶は、パワーストーンとしての意味も「フレッシュさ」「ポジティブさ」「元気・快活さ」をもたらすなど、果実のレモンに通じるものがあります。

 前出の「■特徴」の欄に記載したとおり、レモンクォーツと呼ばれる石には、硫黄が混入したタイプと、スモーキークォーツを加熱したタイプの2種類あります。
 とくにスモーキークォーツを加熱したタイプの石は、上記の意味合いが顕著で、強いパワーを感じさせます。
 スモーキークォーツや他のヒーリング系の石は、多くの場合、心身の不安定さ・動揺などを安定させ、ネガティブな要素を徐々に排出していこうとするのに対して、レモンクォーツはポジティブなプラスパワーを与えようとします。
 例えて言えば、湿気が多くカビが生えている場所に、強烈な太陽光を当てて殺菌してしまうようなイメージです。元気がなく沈んでいる者に明るく新鮮な波動を放射し、背中をどんどん押してポジティブな場所に連れて行こうとします。

 硫黄が混入したタイプのレモンクォーツは、スモーキーを加熱したタイプに比べれば穏やかですが、同じ作用があり、加えて、硫黄の意味である「夜間の怯え・不安から守る」「混乱・錯乱を鎮める」といった意味が出てきます。

3.ヒーリング効果

 おへその上にある第3チャクラ、いわゆる太陽神経叢をヒーリングするには最適な石のひとつです。肌から少し上にかざすようにして石の波動を与えると、太陽の光のような明るいエネルギーを吸収することができるとされます。
 太陽神経叢は身体の中心部であり、実はここを元気にすることで心身全体にエネルギーが行きわたり、健康状態が徐々に改善されていき、活力が増していくとされます。血液の中心部が心臓であるならば、エネルギーの中心部は太陽神経叢であるということなのでしょう。
 ただし、これらの効果・効用は現代医学で証明されているわけではありません。

4.鉱物データ

鉱物名 硫黄入り水晶(いおういりすいしょう)
別名-
誤称-
主な
産出地
ブラジル、その他
分類酸化鉱物 石英グループ
化学組成SiO2 珪素、酸素の化合物
結晶系三方晶系
晶癖
(形状)
柱状、塊状
主な
色合い
薄黄色〜黄色
条痕色白色
硬度7
劈開なし
比重2.65
屈折率1.54〜1.56
似て
非なる石
シトリン、トパーズ

その他

-

パワーストーンの意味や効果に関する記述について

・当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
・当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。
※「開運なび」「開運ナビ」は、登録商標です。無断使用を禁じます。(第5170416)サイト運営者について

▲目次