パワーストーン専門サイト 開運なび
天然石パワーストーンと浄化用品を買うならココ!人気のブレスレットから最高級ルチルまで約700点もの品揃え!

ファントム水晶の意味・効果・浄化方法

ファントム水晶

「克服と成長の石」

通称:ファントム水晶
英名:Phantom Quartz
和名:山入り水晶、幻影水晶、幽霊水晶
関連:-
  • 1. パワーストーンデータ

    ファントム水晶の浄化方法

    水洗い 日光浴 月光浴 水晶 煙 塩 音叉
     水晶ですので、それ自体が浄化能力を持っているとされますが、ご購入当初や、石が疲れてきたなと感じるとき、プログラミングをリセットするときなどは、きちんと浄化することをお奨め致します。
    もっともお奨めする浄化方法は、ホワイトセージの葉を焚いて、煙に石を軽くくぐらせる方法です。右画像のリンクページにご用意しています。

    浄化全般についてはこちらで解説しています。


    石の暗示

    困難の克服、物事の興隆と再生、着実な進歩、成長・育成、霊視力


    こんな人に

    困難を克服したい。仕事や計画をスタートさせたい。子供の成長守り。地道な努力を重ねたい。サイキックなパワーを育てたい。


    対応チャクラ

    頭頂、喉、胸


    相性の良い方位

    太極、北


    弱点

    -


    処理

    -

  • 2. ファントム水晶ストーリー

    ファントム水晶の特徴

     水晶内部に、山型もしくは斜めのインクルージョンが見られます。


    名称の由来

     ファントムとは、「影」「幻」「幽霊」という意味です。
     水晶内部に見られるインクルージョンが、あたかも他の水晶の影のように見えたり、幾重にも重なった幻影のように見えることから、このように呼ばれます。


    ファントム水晶の意味

     水晶の結晶が生成していく過程において、何らかの原因でいったん成長が止まり、その後再び成長を開始すると、その境目に気泡や他の物質が取り込まれることでその部分だけ色合いがわずかに変わり、まるで山の影が連なったような模様ができます。ときにはそうした影が幾層にも連なる場合があります。
     こうしてできた石を、ファントム水晶と呼びます。
     ファントムの色は、白色や緑色が一般的で、他にオレンジ色、赤茶色、青色なども見られます。
     山の姿も、見事なピラミッド型から、渦を巻いているような形、雪山、嵐、流星群を連想させるものまでさまざまで、人のイマジネーションを強く刺激します。

     パワーストーンとしてのファントム水晶は、山や谷といった困難にめげずに進む「克服」の暗示や、物事を隆起し成長させる暗示を放つとされます。そのため、商売や事業運を興隆させたい人に非常に人気があります。成長期の子供に持たせるお守りとしても適しています。
     また、潜在下に眠っている要素を引き出す暗示もあるため、潜在能力を引き出す、超能力や霊的能力を開発する、瞑想を補助する、洞察力を高めるといった効果も語られています。

     ファントム水晶やガーデン水晶など、内包物の多い水晶は、数年前までは一般の人には見向きもされなかった石です。水晶と聞くとどうしても無色透明な玉を連想する方が多く、一見すると華美な美しさはないせいでしょう。
     しかしこれまでにも、鉱物や開運石に造形の深い一部愛好家には非常に珍重され、こうした石だけを集めるコレクターがいるほどです。
     また、華僑系の商人の間では、財運・ビジネス運を高める石として、ルチルと共に非常に重要視されてきました。
     近年のパワーストーン・ブームで、天然石に関心をもった方々は、まずパッと見の良い石を入手し、それに飽きたらずいろいろな石を見て回り、ようやくガーデン水晶やファントム水晶の魅力に気づいた、というパターンも多く聞かれます。今後ますます人気が出ることでしょう。

  • 3. ヒーリング効果

     健全でバランスの取れたエネルギー体を作り上げるサポートをするとされます。
     また、新陳代謝を促進して細胞の再生を促したり、電磁波の害を軽減するともいわれます。
     緑色のファントム水晶は、特にヒーリング力が強いとされます。
     ただし、これらの効果・効用は現代医学で証明されているわけではありません。
    アメシストのファントムクォーツ
    ▲ファントムが現れたアメジスト(紫水晶)のペンダント。

  • 4. 鉱物データ

    鉱物名水晶
    Quartz(クォーツ)
    別名-
    誤称-
    主な
    産出地
    ブラジル、マダガスカル
    分類酸化鉱物 石英グループ
    化学組成SiO2 珪素、酸素の化合物
    結晶系三方晶系
    晶癖
    (形状)
    柱状、塊状
    主な
    色合い
    白色、緑色、茶色、赤色、青色
    条痕色白色
    硬度7
    劈開なし
    比重2.65
    屈折率1.54〜1.56
    似て
    非なる石
    -

    その他

     白いファントムの場合、層に見える部分に気泡などが集まっている場合もありますが、結晶面が溶蝕したために白く見えている場合もあります。
     ファントムの層が緑色の場合は、緑泥石(Chlorite, クローライト)が結晶しているケースが多く、青っぽい場合はリーベック閃石、赤色や褐色系はさまざまな酸化鉱物によるものと思われます。

  • 〜 パワーストーンの意味や効果に関する記述について〜
  • ●「開運なび」のウェブサイトに掲載されている内容は、古来よりの伝説や、出版物、お客様よりお寄せ頂いた情報、管理人の個人的感覚をベースに記載していますので、絶対的な効果を保証するものではありません。ひとつの参考意見としてお読み下さい。
  • ●特に健康面に関する記述は、現代医学で効果効能が証明されているわけではありません。パワーストーンはあくまでお守り的なものとご理解下さい。
  • ●「開運なび」はいかなる宗教とも無関係です。安心してお楽しみください。
  • ●「開運なび」に掲載された情報や、開運グッズを運用した結果生じたいかなる直接的・間接的影響も、「開運なび」では責任を負いかねます。