ホーム | メルマガ今週の開運ツボ | 10月24日(金)2003年第58号 タイガーアイの邪気払い効果

10月24日(金)2003年
第58号 タイガーアイの邪気払い効果

戻る



開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆




10月24日(金)2003年

第58号 タイガーアイの邪気払い効果



 こんにちは、開運なびです。
 そろそろ10月も終わりに近く、なんとも早いものですね。
 さて今回はタイガーアイ(虎目石)についてです。
 タイガーアイは「金運を呼ぶ石」として定評があり、価格も比較的安いので、開運なびでもとてもよく売れています。
 ただ、タイガーアイには金運という暗示の他に、邪気払いという暗示もあります。それについて体験談を頂きましたのでご紹介したいと思います。

 



(泪猫さんから頂いたメール)

こんにちは。
開運なびさんは今まで何度か利用させて貰ってますが、今日は初めて購入したタイガーアイについてご報告させていただきます。

購入した当時、私はある男性からのストーカーみたいなものに悩まされてました。
周りからも「あの人には気を付けるように」と言われ、自分なりに気をつけていましたが同じ職場のため、毎日顔を会わさなければなりません。
私が避けるようになると、今度は私の行動を常に監視するようになり、精神的にとても参っていました。
それが毎日のように続いていたのですが、「開運なび」さんのタイガーアイのペンダントをお守り代わりとして会社に付けて行くようにした所、しばらくしてその男性が姿を見せなくなり、数日後には会社を辞めていきました。
今現在の状況ですが、相手の方は辞めてから見かけません。
最近になって会社の人(別な方)が、職安で見かけたらしいです。
こんな事を言うと不謹慎かもしれませんが、辞めて本当にほっとしています。
以前は会社に行くだけでうんざりしてましたが、
今はのびのびと(?)仕事をしています。

『タイガーアイには「邪気払い」の力がある』とありましたが、もしかしたら石が助けてくれたのかもしれません。
本当は引っ込み思案の性格を直したいと思って買ったのですが。
今でも、毎日のように肌身離さず付けています。

石はあくまでもサポートで、行動を起こそうとしてもなかなか勇気が出ない、そんな時にそっと背中を押してくれる、そんな存在だと思います。
他にもクジ運が良くなったのか、少しずつですが懸賞にも当たるようになってきました。
これには別に購入したルチルの力もあるかもしれませんが、それはまた後日、ご報告させて頂こうと思います。
お忙しい中、長いメールを読んでいただき、ありがとうございました。
 



 泪猫さん、ストーカーとは大変でしたね。
 相手がもういなくなったのならひと安心ですが・・・。
 石はあくまでサポート役ですから、きっと泪猫さんのココロのあり方がしっかりとし、それで現実を変えたのでしょう。 
 タイガーアイには邪気払いという暗示がありますので、悪意封じのお守りとなります。
 ただ、攻撃的な石ですので、強気になって余計にトラブルになる可能性もなくはないのです。特に、調子に乗ってやりすぎる性格の人が持つと、人間関係が余計にこんがらがったり、ギャンブルでも「負け戦」に突っ込んでいくことになりかねません。状況を見計らってうまく使ってくださいね。

 それでは次号もお楽しみに!
             

【今週の開運金言】

「人間関係はこちらの出方次第。あたかも鏡の前に立つようなもの。こちらが笑えば向こうも笑う。こちらがしかめ面をすれべ相手も渋面になる」
 (邑井操)




※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。禁無断転載。
(c)Open Sesame All Rights Reserved

戻る
ご利用ガイド
はじめに パワーストーンについて 選び方 カートの操作 お支払い/発送方法(送料はこちら)
キャンセルや変更 発送のタイミング 返品について お取り置きサービス 個人情報保護
ログインホームカートを見るご利用ガイドQ&Aお問合せ会社概要通信販売法に基づく表示サイトマップ

当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。  ©Open Sesame Co.ltd., all rights reserved.
※「パワーカクテル」「パワーストーン・カクテル」は開運なびのオリジナル製品であり、ネーミングの転用を禁じます。