これほどのワンドは、決して人の手では作れません

アンバー ヒーリングワンド No.727

〜 棒状虫入りコパル 〜







完売しました。<(_ _)>



入荷情報は下記のメルマガで随時流しております。よろしければご購読ください。

開運ゲッター's 新着情報















アンバー ヒーリングワンド サンプル画像 a
▲長く大きなサイズです。
アンバー ヒーリングワンド サンプル画像 b
▲根本の凹みが、ちょうど手を添えやすい形になっています。
アンバー ヒーリングワンド サンプル画像 c
▲根本部分のアップ。透明感があります。
アンバー ヒーリングワンド サンプル画像 e
▲先端部。
アンバー ヒーリングワンド サンプル画像 d
▲太古の昆虫をたくさん内包しています。

アンバー ヒーリングワンド No.727 画像f
▲脇にあるのは単四乾電池です。

商品名
アンバー ヒーリングワンド No.727
価格
¥54,000(税込)  完売しました
約220×34ミリ
現品1点限り
●マダガスカル Cape de Ambre産




 大自然の造形物で、ここまでヒーリングワンドに適したものは、今まで見たことがありません。
 あたかも、地球が人間のために長い時間をかけて製作し、今この時代に使いなさいと言っているかのようです。

 アンバーとは鉱物ではなく、太古の樹液が固まったもの。その深く温かな色合いから放たれる波動は、エネルギーを補充し、生命力を高めるとされます。
 つまり、アンバーという素材自体が、ヒーリングに非常に適しているわけです。

 加えて注目すべきは、本品の形状。まさにワンドそのものです。
 根本部分に、ちょうど指を添えて操作できるような絶妙な凹みができており、握った人のエネルギーを移しやすくなっています。
 そして先端に行くにしたがって細くなり、なめらかの波動を放射できるような形状になっています。

 また、棒状部分の中央にやや大きめの虫が入っており、さらにじっくり見ていくと随所に小さな虫を発見できます。
 そうした虫たちは、アンバーの生成過程で偶然混入したわけですが、ワンド全体から見てみれば、ワンド内を流れるエネルギーの調整役として最適なポジションに配置されているように思えます。虫によってエネルギーを増幅したり、流れる角度を調整したりといった具合です。

 これほどのものは、人の手では決して作ることは出来ないでしょう。古代であれば、能力の高いシャーマンが持っているべき道具です。
 しかし本品が今この時代に現れたということは、使うべき人、必要としている人が待っているということ。
 もしかしたらそれは、あなたなのかも知れません。

※本品はアンバーの内でも年代が若い「コパル」と呼ばれるものです。コパルはヤングアンバーとも言われ、約2万年前〜100万年前の樹脂と考えられますが、この辺りの定義は専門家でも意見の分かれるところです。
※アンバーは、熱に弱いので、熱源の近くに置いたり、直射日光に長時間当てたりしないでください。また、アルコールやシンナー類で磨くのもお避けください。



〜 パワーストーンの意味や効果に関する記述について〜
・当サイトに掲載されている内容は、古来よりの伝説や、出版物、お客様よりお寄せ頂いた情報、サイト管理人の個人的感覚をベースに記載していますので、絶対的な効果を保証するものではありません。
・特に健康面に関する記述は現代医学で効果効能が証明されているわけではありません。パワーストーンはあくまでお守り的なものとご理解下さい。
・当サイトはいかなる宗教とも無関係です。安心してお楽しみください。
・当サイトに掲載された情報や、開運グッズを運用した結果生じたいかなる直接的・間接的影響も、当サイトでは責任を負いかねます。
ご利用ガイド
はじめに パワーストーンについて 選び方 カートの操作 お支払い/発送方法(送料はこちら)
キャンセルや変更 発送のタイミング 返品について お取り置きサービス 個人情報保護
ログインホームカートを見るご利用ガイドQ&Aお問合せ会社概要通信販売法に基づく表示サイトマップ

当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。 ©Open Sesame Co.ltd., all rights reserved.
※「パワーカクテル」「パワーストーン・カクテル」は開運なびのオリジナル製品であり、ネーミングの転用を禁じます。