開運なび
ホームカートを見るご利用ガイドQ&Aサイトマップお問合せ会社概要
ホーム > 開運メールマガジン > 81号〜85号

メールマガジン
今週の開運ツボ
BACK NUMBERS


第85号 雑貨屋さんで売ってる石ってどうなの?

第84号 開運なびの考える「開運」とは 〜後編

第83号 開運なびの考える「開運」とは 〜前編

第82号 図形のチ・カ・ラ 〜その4

第81号 子供に勇気を与えた石、カーネリアン 〜体験談より


その他の号はこちらへ





開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆



6月4日(金) 2004年

第85号 雑貨屋さんで売っている石ってどうなの?



 こんにちは、開運なびです。
 6月に入りましたね。もうすぐ今年も半分が過ぎようとしています。早いですね〜。
 半年間の厄を祓う「夏越の祓い」ももうすぐです。ご存じない方は、下記のページに関連記事がありますので、よろしければごらんください。
    ↓
  第45号 「夏越しの祓」と厄落としのおまじない
  

 さて、最近、雑貨屋さんで売っている石についてのご質問が増えてきました。
 その多くが、「本物なのでしょうか?」、「あんなに安くて効果があるのでしょうか?」という内容です。
 そこでまず、一番よく頂くパターンのメールをご紹介してみますと・・・



----------------------------------------------------------------


【匿名希望さんからのメール】 ある雑貨店のパワーストーンコーナーで“ニュージェイド”っていう、パワーストーンが売っていたのですが、これって、翡翠と同一物ですか? 翡翠の英語名って確か、“ジェイド”だったような気がするのですか・・・。
あ、あと、パワーストーンって、雑貨店で売っているようなものよりも、貴社のような専門店のところで買ったほうがよいのでしょうか?実は一度、タイガーアイのストラップを買ったのですが、信用できんかなと、疑っているんです。注意書きには、「この商品は天然石のため・・・云々」と書いてあったのですが。


----------------------------------------------------------------



 一口に雑貨屋さんと言っても様々ですので、一概には言えませんね。
 非常にいい加減な売り場で石の名前を混同して売っている所もあれば、かなり石にチカラを入れていて、お買い得品が並んでいるお店もあります。
 とりあえず、一般的な傾向として管理人が見た限りをお伝えしてみます。



●石が本物かどうか・・・?

 本物もあれば、そうでない物もあります。当たり前ですね。(^^;)
 樹脂やプラスチックでできた模造石としてよく見られるのは、ビーズアクセサリー用の安価なターコイズ、カラフルな縞模様のキャッツアイ、タイガーアイ調の大きな玉などです。 
 樹脂製品は、表面が非常にキレイで、色がケバケバしく、さわってみる軽く、冷たくないので、すぐにそれと分かります。
 また、一見天然石のように見えても、ヒビや亀裂などまったくなく、均一な模様の場合も人工品である可能性が高くなります。
 パワーストーンを購入するとき、ヒビや内包物を嫌う方もいますが、それこそ天然石の証なのです。
 そのため、「この商品は天然石のためインクルージョンを含み・・・云々」という但し書きはあってしかるべきものなのです。



●誤解を招く名称について

 ---ニュージェイド ---
 ニュージェイドは翡翠ではなく、まったく別種の石です。
 本翡翠は非常に高価なため、代用品としてサーベンタイン、カルサイト、プレナイトなどの石で翡翠のように見えるものを、「ニュージェイド」という名称で売っている場合が多く見かけられます。
 誤解して頂きたくないのは、別にサーペンタインやカルサイトが悪い石なのではなく、別種の石なので、翡翠とは開運暗示が異なってくるのです。
 往々にして、「ニュー○○」など、名称に形容詞が付く場合は、代用品である場合が多いと思ってよいでしょう。
 また、アベンチュリンは和名を「インド翡翠」と称するため、アベンチュリンを使ったブレスレットを「翡翠ブレス」として売っているケースも見られます。


 ---ハウライト○○○---
 ハウライト・ターコイズやハウライト・ラピスという石が、雑貨屋さんに結構並んでいますね。
 これはハウライトという石に着色を加えたもので、ターコイズやラピスラズリではありません。ハウライトはもともと白い石で着色しやすく、価格も安価なので、高価なターコイズやラピスの代用品にされているのです。
 

 ---ハーキマー・ダイヤモンド---
 ハーキマー・ダイヤモンドとは、米国とメキシコの一部でしか産出しない水晶の一種で、両端が尖ったダブルポイントの形をしています。
 普通の水晶もダブルポイント型に結晶する場合もありますが、ハーキマーの場合は普通の水晶とは輝き方がまったく違います。“ダイヤモンド”と称されるゆえんです。
 最近雑貨屋さんでハーキマー・ダイヤモンドが非常に安く売られています。
 が、これは本物ではありません。ただの安い水晶をハーキマー・ダイヤモンドに似せてカットしたものです。


  こうした名称の問題は、まず、石の卸売り業者がまぎらわしくしている点に起因します。
 ニュージェイドなどは、サーペンタインを売りたい側が考え出した苦肉の策でしょう。
 ハーキマー・ダイヤモンドを卸している業者のカタログには、「ハーキマー・ダイヤモンドの形を再現したクリスタル」と掲載されていますが、記載は非常に簡単で、小売業者の人はこの一文がどういう意味なのか、深く考えたりはしないでしょう。
 つまり、石の知識がない雑貨店さんは、それらに「ハーキマー・ダイヤモンド」と名前を付けてお店に並べることになるのです。



●雑貨屋さんで石を購入するなら

 買う前に、少し店員さんと話をしてみるといいかもしれません。二、三質問すれば、そのお店がパワーストーンに関してどの程度チカラを入れているか、すぐにわかると思います。
 ちなみに管理人は、大手の雑貨屋さんでヘマタイトの値段を尋ねたら、店員さんが石の名前と値段を書いたシートとにらめっこしたままフリーズしてしまい、最終的にハウライトターコイズの値段を教えてくれました。(^^;)


 繰り返しになりますが、雑貨屋さんといってもいろいろなので一口には言えませんし、中にはお買い得品を発見できるかもしれません。
 ただ、上記のような問題もあることは確かなので、どうせお店に行かれるなら、石の専門店に行かれることをお奨めします。
 専門店でしたら、石について知識のある店員さんがいるはずですから、あなたが抱く疑問にいろいろと答えてくれるはずです。

 それでは今週はこのへんで。
 祈開運!



【今週の開運金言】

「本当にころがった者は起きあがる時は何か得をしている」
 (武者小路実篤『愛慾』より)


※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2004 kaiun-navi All Rights Researved











開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆



5月29日(土) 2004年

第84号 開運なびの考える「開運」とは 〜後編



 こんにちは、開運なびです。一日遅れの配信となりました。
 さて今回は、先週に引き続き「開運」の意味について考えてみたいと思います。
 まず具体的なケースを紹介してみましょう。


 こんな例はどうでしょう。

(例 A子さんの結婚)

 ある女性の方〜A子さんとしましょう〜が、ものすごくカッコイイ男性に夢中になったとします。勇気をもって告白したら、付き合ってもオーケーという返事をもらい、ますます好きになってしまいました。数ヶ月後には結婚にゴールイン!
 おめでたいですね。これはまさしく開運です。誰が見てもハッピーエンドです。
 この時点では。
 
 でもしばらくすると、A子さんは、実は自分は運が悪かったことに気づきました。
 結婚した男性は外面ばかりが良く、結婚すると一転して本性を露わにして、A子さんには暴力をふるい、まともに働かず、以前からつきあっていた何人もの愛人からお金をせびり取って生活費にしている有様だったのです・・・。
 決して珍しい話ではなく、似たようなケースはそこら辺にゴロゴロしています。

 A子さんは、それまで異性と付き合っても深入りするのを避けたり、自分が傷つかないように上手に振る舞ってきたつもりでした。しかし逆にそれは、異性を見ぬく目を育てる体験をできなかったわけです。
 おかげでトンでもない相手につかまってしまい、以前のようなはつらつとした生気を失い、鎖につながれたような生活をする羽目になってしまいました。
 不運ですね。
 誰が見ても不幸せです。
 もとをたどれば、結婚自体が不幸の始まりだったのです。決して開運などではなかったのです。
 この時点では。

 悩み苦しむ毎日の中で、A子さんはふとしたきっっかけで一冊の本に出会いました。それは、ある心理学者がエッセイ風に「人の心」というものについて書いた読みやすい本でした。どうして人はこんな風に変わったり、残酷になったりするのだろう・・・。
 興味をもった彼女は近くの図書館にいき、その著者の本を読みあさりました。それに飽きたらず、今度は心理学についての本を片っ端から読み始めました。ムズカシイ本もありましたが、これまで感じてきた疑問が溶けたり、ぼんやりとしか分かっていなかったことが明確に説明されていたりで、次々に読破していきました。
 また、似たような家庭問題を持つ人との交流会に参加することで、自分一人が苦しんでいるのではないことにも気づきました。

 A子さんは、それまでの自分の弱点をはっきり把握しました。それは「常に他者やモノに依存しようとする自分」でした。
 そのことに気づくと、彼女はまったく別人のように行動し始めました。
 夫に対してきちんと自分の考えを述べ、離婚を了承させました。
 安いアパートに転居し、持ち前の行動力でなんとか仕事をみつけました。生活のレベルは大学生なみでしたが、生まれ変わったように生き生きとして、職場にいっても「明るく、行動力のある人」と思われました。
 また、彼女自身が苦しんだ経験をしたおかげで他者を思いやることができるようになり、いろいろな相談に乗ってあげたおかげで、「頼りになる人」と評判になりました。
 A子さん自身、精神的に成長した自分を実感していたため、それは自信につながり、仕事や対人関係によい影響をもたらし、とんとん拍子に出世して生活も安定。
 おまけに、見た目は地味だけれど、しっかりした信念をもつ、尊敬できる男性と出会い、交際を続けています。
 今は仕事のキャリアも積み、プライベートも充実し、誰が見ても幸せです。
 良かったですね。
 もしもA子さんが心理学者の書いたエッセイに偶然出会わなかったら、彼女はまだ悩みの森を泣きながらさまよっていたかもしれません。
 一冊の本との出会い、これはまさしく開運です。(この時点では・・・)


 ところで・・・
 もしもA子さんがその本に出会わなかったら、本当に彼女は不幸から抜け出せなかったのでしょうか?
 そうは思えません。偶然とは必然なのです。
 A子さんの「自分で自分を救わなければ!」という強いココロのチカラが、きっかけを呼び寄せ、道を開いたのです。そのきっかけが、たまたま一冊の本であっただけです。

 A子さんのケースのポイントはこんな感じです
 ●最初のプレイボーイとの結婚は、その時点では大開運です。
 ●しかし、結婚後の生活は不幸ですから、結婚自体が不運です。
 ●しかし、結婚自体は真の幸福を得るための必要なステップだったとも考えられます。それならば、不幸な結婚は大きな幸福を得るための「種」だっとも言えます。

 その場限りで考えれば幸運な出来事も、少し長い目でみると不運でしかありません。しかしもっと長い目で見れば、その不運も大幸運の一部です。
 出来事は、視点を低く置いたり、高く置いたりすることによって、幸運であったり不運であったりします。
 言い換えれば、あなたの身に起きる出来事は、あなたがどう捉えるかによって幸運にも不運になります。
 つまり、幸運をつかむか不運をつかむかは、あなたがコントロールできることなのです。


 一度、視点を非常に非常に高い位置に置いて考えてみましょう。
 A子さんの身に起こった一連の出来事は、実はA子さん自身が筋書きを書いたのかもしれません。
 彼女の深い部分にある意識が、今生における学習の課題を、「人を思いやるココロを育てること」と決めていたのかも知れません。そのためには、自らが深く傷つく体験が不可欠と考え、そうした学習を通して大きな幸せを得るというシナリオを書き、実行に移したとも考えられます。
 もちろんA子さん自身はそんなことに気づきませんし、そのシナリオに参加した暴力男性も自分が共演者だったとは気づいていないでしょう。
 これは、視点を魂のレベルにまでもっていった時の光景です。


 今回は「恋愛」という面をとおして見たケースを紹介しましたが、お金や病気を通じたケースなど、いくらでも例をあげることはできます。競馬でお金を儲けたら開運ですが、それがきっかけでギャンブルにのめり込んでしまったら不幸のきっかけにすぎません。
 いずれにしろポイントとなるのは、その出来事を見るあなたの「視点」をどこに置くかです。それによって開運の意味は変わってきます。

 さらに言えば、視点にこだわる必要もなくなり、「自分」という存在は本当はもっと大きく自由な存在で、ただこの場にいて遊んでいるだけだと気づいた時、それこそが大開運と言えるのだと思います。
 そうした状態をひと口で表す言葉が仏教にはありますが、どうも手垢の付きすぎた言葉なのでここに書きたくはありません。
 英語で記しておきましょう。

“ awakening ”

 これが、開運なびの考える「開運」の意味です。
 石をはじめとする開運グッズは、そこに至るためのきっかけ、サポート役に過ぎないのです。


それではまた来週。
祈開運!


【今週の開運金言】

「運命は我々を幸福にも不幸にもしない。ただ、その材料と種子とを、我々に提供するだけだ」
(モンテーニュ 〜ルネサンス期のフランスの文学者)


※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2004 kaiun-navi All Rights Researved











開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆



5月21日(金) 2004年

第83号 開運なびの考える「開運」とは 〜前編


 こんにちは、開運なびです。
 さて今回は、開運なびに寄せられたご質問でなかなか面白いものがありましたので、ご紹介させていただきます。
 まずは頂いたお便りをご紹介します。


----------------------------------------------------------

ハンドルネーム「まめさん」より
貴サイトでは「開運」という言葉が掲載されておりますが、貴社の方でいう「開運」とは一体どういう意味なのでしょうか。「開運」という言葉がとても紛らわしいので詳しく教えていただきたいです。
ブレスレットを身に付けておりますが、これといって効果が感じられません。
例えば自分に好きな方(片思い)がいるとします。貴社のブレスレットを身に付けているとして告白するとします。そしてもしうまくいって友達でも恋人でもなる事が出来れば開運したと私の友人は言います。
しかし私は自分から告白してうまくいったとしても、それは開運したとは思えません。自分から声をかけてうまくいくんでしたら開運グッズなど身に付ける必要がないと思うからです。
相手から声をかけてきて「友達」、又は「恋人になって下さい」と言われれば開運したと私は思います。相手の方から声をかけてこないと開運したとは思いません。
この場合、私と私の友人のどちらの考え方が開運の意味になるのでしょうか。教えていただきたいです。
私は決して貴社の製品を否定しているわけではございません。「開運」という言葉がとても紛らわしいので「開運」の意味を詳しく教えていただきたかったのです。
最後に私がブレスレットで一刻も早く願望を実現出来るようにするにはどうすれば宜しいでしょうか。アドバイスをお願い致します。お忙しいとは思いますが、御回答を宜しくお願い致します。

----------------------------------------------------------



 さて、管理人がなぜこのメールをご紹介したかと申しますと;
 まず開運グッズを購入する方が抱きがちな典型的な疑問=「効果」という点に関しての質問がありますので、他の方にも参考になると思ったからです。
 そしてもうひとつは、ズバリ「開運」の意味ですね。
 そこで、ひとつずつお答えしてみたいと思います。


> 貴サイトでは「開運」という言葉が掲載されておりますが、貴社の方でいう
> 「開運」とは一体どういう意味なのでしょうか。「開運」という言葉がとて
>
も紛らわしいので詳しく教えていただきたいです。
> ブレスレットを身に付けておりますが、これといって効果が感じられません。


 一番大切なポイントは、
 「効果がない」と思い続けている点です。そう考えている限り、いわゆる「効果」を感じられる時は少ないでしょう。
 なぜなら、「効果がない」現実ばかりを探し回っているからです。
 でもこんなふうな言い方をしても分かりにくいですよね。

 まず、開運グッズの「効果」という点を詳しくお伝えしますと;
 開運グッズとは何も「薬」のようなものではありません。それを身に付ければ必ず良い現象が起こるわけでもありません。
 その理由は、自分にとって良い現象を起こすのは、あくまで自分自身のチカラ、それもココロのチカラの使い方によってくるからです。
 ただ、普通の人は日々いろいろな悩みを抱え、落ち込んだり、迷ったりします。そのため、どうしてもネガティブに考えがちで、うまくココロのチカラを使えません。
 そうした時に開運グッズとの出会いは、ある種のきっかけとなり、あるいはあなたの行動をサポートしてくれるものです。

 もしも、魔法の薬のように「絶対に効く」開運グッズが欲しいということでしたら、よく雑誌の広告や新聞の折り込みチラシに掲載されている高額な商品をお求めになってみてはいかがでしょう?
 こうした広告には、「高額宝くじに当たった!」「彼女ができた!」「効果がなかったら返品オーケー!」などのキャッチフレーズが踊っています。
 ただし、広告にうたわれているような「効果」が実際にあるかどうかは、当サイトは一切関知いたしません。個別の販売業者さまにお尋ね下さい。

「効果」に関するお答えとして、下記ページのテキストが参考になるかと思います。
 
Q:開運グッズの効き目はちゃんとあるのでしょうか?
 http://www.kaiun-navi.jp/navi/qa.html#03
 
 「今週の開運ツボ」
 9月27日(金)
 2002年 第12号 開運するための基本原理(後編)
 10月3日(金) 2003年
 第56号 体験談 〜クリスタル風水守りと開運グッズの“効き目”



> 例えば自分に好きな方(片思い)がいるとします。貴社のブレスレットを身に
> 付けているとして告白するとします。そしてもしうまくいって友達でも恋人で
もなる事が出来れば開運したと私の友人は言います。
> しかし私は自分から告白してうまくいったとしても、それは開運したとは思え
> ません。自分から声をかけてうまくいくんでしたら開運グッズなど身に付ける
> 必要がないと思うからです。
> 相手から声をかけてきて「友達」、又は「恋人になって下さい」と言われれば
> 開運したと私は思います。相手の方から声をかけてこないと開運したとは思
> いません。この場合、私と私の友人のどちらの考え方が開運の意味になる
> の
でしょうか。教えていただきたいです。

 ラッキーな出来事、幸運なできごと、喜ばしいできごとが発生する過程は、人間の思考の範囲を越えています。素晴らしいできごとが(もちろん悲惨なできごとも)、あらゆるルートを通って発生します。
 ふと耳にした会話や、つまらない出来事、どうでもよい品物が、大成功のきっかけになった例はいくらでもあります。

 ですから、「こういう形で恋愛が実らなければ、開運とは呼べない」と考えるのは、可能性の扉を極端に狭くする結果になります。
 どちらかといえば、自分から積極的に声をかけていくほうが、異性を射止める可能性が高くなるのは自明の理です。

 ただ、人はどうしてもコンプレックスや恥ずかしさから、恋に積極的になれない場合があります。そうしたときに、背中を後押ししてくれるのも、開運グッズの役目のひとつと言えるでしょう。
 恋愛に限らず、「こうでなければならない」と考えるのは、未来の可能性の選択肢を制限してしまいます。
 ですから、損かトクかと考えれば、損です。

 ただし、「こうしたやり方で物事を達成しなければ、自分には意味がない」と考えているなら、それは立派なポリシーであり、個性であって、それは非常に大切なことです。大事にした方がよろしいかと思います。(管理人自身もそのようにしてきました)
 そしていつか、その範囲内でしか物事を考えていなかった自分に気づいたとき、その場での学習は終わり、もう一回り大きくなるのです。人の成長とはそういうものです。




> 最後に私がブレスレットで一刻も早く願望を実現出来るようにするにはどう
> すれば宜しいでしょうか。アドバイスをお願い致します。お忙しいとは思い
> ますが、御回答を宜しくお願い致します。


 ブレスレットを使うにしろ、何を使うにしろ、基本はイメージングです。
 前述したメルマガをお読みいただければ、おわかりいただけるかと思います。



 さて、もうひとつ興味深いご質問が残っていますね。

> 貴社の方でいう「開運」とは一体どういう意味なのでしょうか。

 ここまで真正面からズバリと質問された方は初めてでしたので、良い機会ですからしっかり書かせて頂きたいと思います。
 が、今週は長くなってしまいましたので、来週号に掲載させていただきます。

 それでは、お楽しみに。
 祈開運!





【今週の開運金言】

「多くの人は、運命に過度の要求をすることによって、自らの不満の種をつくっている」
 (フンボルト 〜ベルリン大学創設者)


※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2004 kaiun-navi All Rights Researved









開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆



5月14日(金) 2004年

第82号 「図形のチ・カ・ラ」 その4


 こんにちは、開運なびです。
 さて、久々に「図形のチ・カ・ラ」のパート4です。この連載、もう忘れてしまった方も多いかも知れませんね。一応、バックナンバーは下記ページですので、「?」と思った方はまずはバックナンバーからご覧下さい。

 第46号「図形のチ・カ・ラ」 その1
 
 第52号「図形のチ・カ・ラ」 その2

 第53号「図形のチ・カ・ラ」 その3
 
 というわけで今回は、数字の「7」と「七角形」のお話です・・・・。
   ↓



●7絡みには幸運のエピソードがいっぱい

「ラッキー7」や「777」に代表されるように、7は幸運の数字として有名ですよね。7は洋の東西を問わず、縁起の良い数字、聖なる数字として扱われてきました。
 まず7絡みのエピソードをざっと並べてみます。


@聖書における聖数
 「神は7日間で転地を創造した」というのは有名なくだり。一週間を7日間とした理由はおそらくこの点でしょう。
 聖書には他にも7が聖数として使われており、「7つの霊」、「7匹の子牛と7匹の牡羊」など、いろいろな例があります。
 「第7の天国」とは最高の幸福の世界(有頂天)とされています。


@西洋に伝わる「7つの大罪」と「7主徳」
  これもやはり聖書が源流にあります。
  7つの大罪とは:
   〈ごう慢、どん欲、邪淫、怒り、どん食、ねたみ、怠惰〉
  7つの主徳とは:
   〈信義、希望、慈善、賢明、節制、正義、勇気〉


@「7歩」歩いた仏陀
  お釈迦様は生まれた時に「7歩」歩いて、『天上天下唯我独尊』と述べたとされています。
 生まれてすぐに歩きますか・・・、さすがお釈迦様!


@中国でも
 「七福神」や「竹林の七賢人」など、中国でも7は縁起の良い数字。
 それは陰陽思想(道教)で、奇数が縁起の良い陽数とされていることに起因しています。七五三などの行事は日本に流入してきた例です。


@七福神
 これは仁王経というお経の中にある一節、
 『七難即滅、七福即生』
  からきているとされます。
 「七難を避けて七福を生ず」という意味です。
  七福神の詳しい説明はこちらのページへどうぞ


@日本では
「親の七光り」「七転び八起き」「春の七草」「七夕」「七味唐辛子」など、数々の7がつく言葉がありますね。これらはやはり中国陰陽思想の影響が強いと思われます。
 古い言葉だけではなく、現代でも「七人の侍」とか、「男女七人夏物語」など、いろいろみられます。これはどちらかというと、西洋的な“幸運の数字”的発想からきているのかもしれません。


@ラッキーセブン
 この語源は野球のメジャー・リーグにあると言われています。
 1885年の優勝を決める大事な一戦で、迎えた7回。
 シカゴ・ホワイトストキングスの選手が打ち上げたフライが強風あおられ、ホームランに。結局これが決勝点となり、シカゴは優勝を成し遂げました。
 このとき勝利投手となったジョン・クラークソンが、「ラッキー・セブンス(幸運の7回)」と呼んだことが、始まりとされています。
 その後、1930年代にサンフランシスコ・ジャイアンツが、しばしば7回に逆転劇を演じたことから、ポピュラーになったそうです。
 つまり、最初は数字の7をラッキーと呼んだのではなく、野球の試合の「7回」のことだったのです。



●姓名判断にみる「7」

 姓名判断的にみると、画数の7はたしかにラッキーな数字なのですが、ちょっと「尖りすぎ」な部分もなくはないのです。
 あまりに物事がうまくいく人は、うまくいかない人のことを思いやれず、ワガママになりがち。そのため、基本的には幸運数なのに、何かの拍子に高見から転げ落ちたり、周囲の反感を買う可能性もあります。
 例えて言えば、活発で明るい若者のような数字です。元気で伸び盛りなのだけれど、苦労をしていないので円熟味に欠けるという感じでしょうか。
 特に7や17はその傾向が強く、27は強さを持っている王子さま的な数字ですが王子としてのプライドの高さが身を滅ぼしがち、37はプライドの高さが内面に向きがちな芸術家タイプ。
 7系列の画数で最高の数字は47で、天運にめぐまれ、あまり苦労しなくとも成功者になる傾向があるとされています。



●七角形〜七星陣

  本メルマガのタイトルが「図形のチ・カ・ラ」となっている割には、七角形というのは一般的ではないですね。

 ただ、七星陣というものがあります。
 これは、前号でご紹介した六芒星(六角形)の中心に1点を加えたもので、代表的な魔法陣のひとつです。
 この魔法陣は西洋でも古代より用いられていますし、中国や日本でも用いられてきました。北京紫禁城にある歴代皇帝の玉座の天上部には、7つの球が載せられた七星陣が飾られているといいます。
 石を使った七星陣の典型的なパターンは、中央部にやや大きめの水晶を置き、周囲に別種の石を6個配置するというものです。
 たとえば、ローズクォーツで恋愛運を、タイガーアイで金運をという具合に、自分の願いを6個の石にひとつずつ込め、それを中央部に置いた万能の石であるクリスタルによって増幅し、想念の世界に放つようにした一種の装置です。

 全部で7種類の石を用意しなければならず、大変という方は、周囲の6個は願い事を書いた紙で代用し、中央部だけ石にする方法もあります。

 また、7個全部を同じ種類の石にするケースもあります。
 たとえば、ルチル好きの人でどうしても金運をなんとかしたい場合、中央部に大きめのルチルを置き、周囲に小さめのルチルを6個配するパターンもみられます。こうしたやり方は自分なりにいろいろ応用してみると面白いですね。

 開運なびでも七星陣グッズを取り扱っていますので、興味のある方は下記の画像をクリックしてみてください。

 七星陣グッズはこちら
 

 

 それでは、また来週。
 祈開運!



【今週の開運金言】

「愛と憎しみはまったく同じものである。ただ、前者は積極的であり、後者は消極的であるに過ぎない」
(グロース『犯罪心理学』より)


※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2004 kaiun-navi All Rights Researved









開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆



5月7日(金) 2004年

第81号 子供に勇気を与えた石、カーネリアン 〜体験談より



 こんにちは、開運なびです。
 みなさんゴールデンウィークはいかがでしたでしょうか?
 管理人は連休に入った途端、緊張の糸が切れたのか、バタンキュ〜でした・・・(^^;)
 さて、今週のメルマガは、開運なびの常連さんから頂いた体験談をご紹介したいと思います。九州にお住まいの M.K.さんで、息子さんのことで下記のようなご相談を頂いていました。



---------( M.K.さんより頂いたメール 1)----------------


こんばんは。
ちょっと教えて頂きたいのですが、九歳の長男がどうも何にでも自信なさげで、去年から始めた柔道も投げられることが多いので、辞めたいようなことを言い出しました。
また、すぐにいじけたり人に頼ることが多いので、友人関係もうまくいっていないようです。
こんな息子に自信を持たせたり、友人との関係がうまくいくようにサポートしてくれる石を探しています。
どのような石をもたせるといいでしょう?


----------------------------------------------------------


 このメールを頂いた時は、とりあえず下記のようなメールを返信しました。

「男の子に自信をつけさせたいということでしたら、タイガーアイがよろしいかと思います。
 タイガーアイは雄々しい波動を放ちますし、見た目にも力強い感じがしますので、石をもった本人もいかにもお守りを持っているという気持ちになるからです。
 タイガーアイは、もともと勝ち気な人なら避けた方が無難ですが、弱気なため友人関係もうまくいかないということでしたら、ぴったりかと思います。
 あとは人間関係重視なら翡翠も良いのですが、メールの文面だけを拝読した限りでは、タイガーアイの方が良さそうな気がします」

 その後、M.K.さんよりタイガーアイのご注文を頂いたのですが、発送の際、もしかしたらと思い、カーネリアンもサービスで送ってみました。
 カーネリアンはナポレオンも印章用に使った“勇気の石”として知られているからです。小さいお子さんには、日々「勇気」が必要だったりしますからね。


---------( M.K.さんより頂いたメール 2)----------------

タイガーズアイ届きました。ありがとうございました。
息子に見せたところ「きれいだねー」と喜んでました。
さっそく浄化をして持たせました。
ただ、これを持ってれば大丈夫と思われても困るので、「自分でもがんばらないと石は力をかしてくれないよ」とは言っておきました。
また、「お守りがあるんだー」とみんなに言って、見せてーとか触らせてー、と言われてなくされても困るので、自分から「お守り持ってるんだー」とは言わないで、もし見られて「これなあに?」と聞かれたら教えてあげてといいました。


----------------------------------------------------------

 

 その後一ヶ月ほどして、またメールを頂きました。

 

---------( M.K.さんより頂いたメール 2)----------------


こんにちは!

以前息子に持たせる石を相談して、タイガーズアイとカーネリアンを送って頂きました。
持たせてみて変化がありましたのでご報告させて頂きます。
学校へはタイガーズアイ、柔道へはカーネリアンとわけてもたせていたのですが、最近変化がありました。
以前はどんなに言っても学校へ行くのが嫌でギリギリにならないと家を出なかったのですが、近頃は朝自分で起きてきて、早く家をでるようになりました。
授業参観で休み時間にお友達と仲良く遊んでいる姿を見てほっとしました。なんとかお友達ともうまくやっているようでした。

また、柔道でもなかなか上達しないのでやめたがっていたのですが、
「疲れる〜」と言いながらも嫌がらずに練習に行くようになりました。
先生によると練習もがんばっているようです。
本人に「石を持って行きだしてどお?」と聞いてみたところ、「いいよー!特にカーネリアンが!!」と言っていました。
これを聞いてとてもうれしかったです。
アドバイスして頂き、送って頂いた石たちと相性がよかったのかもしれません。
ちょっと石を休ませてあげて、また持たせたいと思います。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------- 


 上記のようなメールを頂いて、少しでも石が役に立ったかな、カーネリアンも入れておいて良かったな、と思いました。
 同時に、一人一人に合う石を選ぶというのは、なかなか難しいものだなと改めて感じました。
 M.K.さんのお子さんに芽生えた良い変化は、必ずしも石だけのチカラではないと思います。
 ただ石を持つことで、「お守りを持っている」という心強さ、背中を押してくれるような気持ちになってくれたかもしれません。
 また、M.K.さんが、「自分でもがんばらないと石は力をかしてくれないよ」と上手に言い含めておかれたこともポイントになっていると思います。
 とは言え、子供を取り巻く世界とは日々めまぐるしく変化しますからね。このまま良い方向にだけ進んでくれれば良いのですが。

 子供の世界は、大人以上に楽しいことも多いけれど、大人以上にツライことも多いのではないかと思います。
 もしも自分が子供のころに、ゴツゴツした天然石に出会ったらどう感じただろ・・・、と時々思います。
 不思議な魅力を発見しただろうか、それとも石ころなんてツマラナイと感じただろうか、今となってはわからないですね。私はかなりのへそ曲がりだったので、案外、誰にも話さずに自分だけの秘密のお守りにしたかも知れません。

 読者のみなさんはいかがでしょう?


 それでは、また来週。
 祈開運!




【今週の開運金言】

「ほめらるるもの、四五日に過ぎず。そしらるるもの、また四五日に過ぎず」
(『宇治拾遺物語』より)


※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2004 kaiun-navi All Rights Researved




 




ホームカートを見るご利用ガイドQ&Aサイトマップお問合せ会社概要

これらの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承ですが、効果を保証するものではありません。
当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。(c)20002-2003 Kaiun-Navi All Rights Reserved.