開運なび
ホームカートを見るご利用ガイドQ&Aサイトマップお問合せ会社概要
ホーム > 開運メールマガジン > 46号〜50号

メールマガジン
今週の開運ツボ
BACK NUMBERS

第50号 人生には波がある 〜ご購入者の声から

第49号 念を入れたブレスは浄化の必要がないの?

第48号 クリスタルによる浄化で願いが消えてしまう?

第47号 星に願いを 〜七夕開運法

第46号 図形のチ・カ・ラ その1

その他の号はこちらへ




開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

8月22日(金) 2003年

第50
号 人生には波がある 〜ご購入者の声から



 こんにちは、開運なびです。
 今週号も、開運グッズを御購入してくださった方から頂いた体験談をご紹介したいと思います。


_____________________________________________________________


(神奈川県・小俣さんより)

はじめてメールさせて頂きます。
七福神招き猫、タイガーアイ+水晶ブレスレット、パワーボトル(クリスタルとタイガーアイ)を購入させて頂きました。
まず、水晶クラスター(以前から持っていたクラスターです)で浄化しイメージをインプット、ブレスはいつも身につけ、パワーボトルは各部屋に、招き猫は玄関に置きました。最初は効果を感じなかったのですがネットで応募した懸賞(子供のために応募したショーの入場券など)が当たるようになってきました。家族にも笑顔が増え明るくなってきたようにも感じます。
そして先日両親から『費用はこちらで全部もつから一緒にハワイへ行かないか?』
と誘われたのです! もちろん二つ返事でOK!孫と一緒に旅行に行きたくなったとの事、今までこんな事はありませんでした!しかも高級コンドミニアムで10泊の予定、10泊も!? そんなに会社休めないと思い恐る恐る上司へ休暇申請を出したら営業ノルマを超える成績を残したらOKとの事、、、もちろんとんとん拍子に契約をもらいノルマ以上の結果を残す事も出来ました。
開運ナビで購入させて頂いた開運グッズが我が家に来てから家庭内が明るくなり何事も上手くいくようになってきました!もちろん良い事があった後は浄化も忘れません。本当に良い出会いをさせて頂きました。ありがとうございます。


_____________________________________________________________


(開運なびからのお返事)

 いろいろな事がトントン拍子に運んで、良かったですね。ここまでうまく行く方も珍しいので、開運なびとしてもとても嬉しいです。
 今はとても良い風が吹いています。順風です。この時の幸せな気持ちをちゃんと覚えておいてくださいね。
 そしてもしも仮に、今後紆余曲折があり、苦境が訪れたとしても、今の幸せな気持ちを思いだし、再び楽しい時期が訪れることをイメージングしてください。そうすれば、必要以上に苦しい時期を長引かせずに済みます。


_____________________________________________________________


(小俣さんからの返信)

そうですね、今までは何かあるとすぐに落ち込みがちだったのですが今では何事
も前向きに考えるようにしています。人生には波がありますしね。
でも招き猫の表情を見ていると癒されますよ〜(笑)


_____________________________________________________________


 読者の皆さん、いかがでしたでしょうか?
 ここまでうまく行く方は珍しいので、開運グッズを買えば誰でもこんなに運が回ってくるなんて誤解しないでくださいネ。
 おそらく小俣さんの潜在能力がきっかけをつかんで、今まで貯金してあった幸運を一度に呼び寄せたのでしょう。
 でも、本当に大切なことは、小俣さんが最後に述べたように「人生には波がある」ということ。幸運にも不運にも左右されず、ただ今訪れている体験を楽しめるようになったとき、人は本当の幸せを知るのだと思います。
 ではまた来週。



【今週の開運金言】

「世の中の人は誰でも幸せになりたいと思っている。それを手に入れる方法が一つある。それは自分の気持ちの持ち方を変えることだ」
(カーネギー)



※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2003 kaiun-navi All Rights Researved





開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

8月15日(金) 2003年

第49
号 念を入れたブレスは浄化の必要がないの?



 こんにちは、開運なびです。冷夏のお盆、皆さんいかがお過ごしですか?
 さて、今回の話題も「石の浄化」についてなのですが、読者の方から頂いたメールに、浄化以外の点でも、物の考え方や生き方についてとても参考になるご意見が書かれていますのでご紹介します。ちょっと長くなりますが、お時間のあるときに読んでみてください。

________________________________________________________________


(ハンドルネーム「あこ」さんより)こんにちは。
今日は浄化について質問なんですが
私は水晶の念珠を持っているんですが
買った所で念を入れていただきました。
念を入れた物は浄化はしないほうがいいのでしょうか?
買った所に問い合わせをしましたら
その必要はありませんと言われました。


________________________________________________________________


(開運なびからのお返事)
 これはなかなかデリケートな問題なので、私個人の意見として参考にしてください。
 もしも、非常に超自然的な能力を持つ人間がいて、その人が善の力に満たされていて、念珠に念を入れてくれたのなら、それは浄化せずに持ち歩いた方がよいでしょう。せっかくの念が消えてしまいますから。
 ただ、本当にそのような念を入れられる人がいるかというと、はなはだ疑問です。広い世界にはそういう人もいるかも知れません。しかし、念珠を売っている所で「念を入れた」と言うのは、まず百パーセント販売促進のための口上に過ぎません。(私個人の意見です)
 でも、ものは考えようで、例えば神社でお札を買って、神主さんにお祓いをやってもらうと、なんとなく心強いですよね。これだって念を入れたりする行為の一種です。
 だから、心理的に念の入った水晶というものがよろしければ、そのままで良いでしょう。
 一方、私個人は、「自分を助けるのは、最終的に自分の想念しかない」と考えています。
 メルマガ「今週の開運ツボ 第37〜38号 口ぐせの呪文効果 前後編」で述べたように、「あなたにとって一番効き目のある呪文は、他の人が作った呪文ではなく、あなた自身が作った呪文」なのです。
 つまり、あなたを助けるのは、あなたのポジティブな想念なのです。パワーストーンはそれを補助するに過ぎません。
 では結局どうすれば良いかと言いますと、両方の良い所をとるとして、「念を入れた」とされる数珠は、せっかくですからしばらくそのままお持ちになってみてはどうでしょう?
 毎日使えば他者の思念はやがて消えてしまいます。数ヶ月たったら一度浄化して、今度は自分の願いをプログラミングしたらよいでしょう。

________________________________________________________________


(あこさんからの返信)
他で買った物なのに、細かくお答えいただきありがとうございます。
そうですね、結局自分がポジティブに考えたり、行動をしていくことで
きっと何かがかわるんだって思いますし、そうありたいと思います。

私自身も、最近はパワーストーンって頼るものではなく
補助的なものなんだと思いはじめてます。
前は石に頼りすぎていたし、何もしないのに助けてもらおうとしてました。
でも結局は自分がそのことに対してどれだけやれるか(やれたか)ではないかと考えるようになりました。
(こういう考えになったのは私としてはすごい進歩なんですよ)
石は頼るのではなく、自分の気持ちや行動をよい方向に持っていってくれる
手助けをしてもらうものなんじゃないかって。
だから、石に想いを伝えるときは「自分でもできるだけがんばりますので、少しだけ力をください」と
お願いしています。

水晶の件ですが、そちらの言うとおり念を入れたというのが本当かどうかはわかりませんが
とりあえずは、入れていただいたというふうにおっしゃってるので
私はそのように受け止めて、それによって私の中にがんばろうという前向きな気持ちが生まれればそれはそれでいいかなと。

今までの私は、本当にネガティブ人間でした。
後ろばかり見てきたんです。
でももうやめにしました。
悪いことを考えると、やっぱり悪いことしか起きない。
どうせ生きてるなら楽しいことを考えてるほうがいいに決まってますもんね。


________________________________________________________________


 読者の皆さんは、どのように感じられたでしょうか?
 このエピソードで、「念を入れたブレスレットが本物かどうか」という点は、実はどちらでも構わないのです。信じる方はそれでOKですし、胡散臭いと思う方はそれで良いのです。

 あこさんがおっしゃるように
> それによって私の中にがんばろうという前向きな気持ちが生まれればそれはそれでいい
 まさにそのとおりです。

 大切な点は、あこさんが今回の疑問をきっかけに;
> 結局自分がポジティブに考えたり、行動をしていくことで
> きっと何かがかわるんだって思います
 と感じてくれたこと。

 そして、
> どうせ生きてるなら楽しいことを考えてるほうがいいに決まってますもんね。
 結論づけて頂いたことは、
 開運なびとしてもとても嬉しいです。

 ウソと思うかも知れませんが、世の中には「悲観的なこと」を考えるのが好きで、おかげで不幸をたっぷり味わっている人がたくさんいます。皆、知らず知らずの内にそうしているのです。
 あこさんに、これからどんどん幸運がやってくるかどうかは、わかりません。ただ、上述のような気持ちを常にキープしていれば、良い変化は必ずやって来ます。
 なにかちょっとしたきっかけで、人生は思いもよらぬ方向に開けていくのです。読者の皆さんも、自分なりにそうしたきっかけをつかんでください。もしかしたら、石がそのきっかけになってくれるかも知れません。
 ではまた来週。


【今週の開運金言】
「今の自分に疑問や不安を感じたら、それは、変化しなさいという心の声です」
                  (葉祥明『風にきいてごらん』より)




※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2003 kaiun-navi All Rights Researved





開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

月8日(金) 2003年

第48号 クリスタルによる浄化で願いが消えてしまう??



 こんにちは、開運なびです。今週号からようやく『開運ツボ』の連載再開です。お待たせ致しました。
 今回は、パワーストーンの浄化方法で、特にクリスタルを使った浄化についてご質問が多く来ていますので、典型的な質問を例にお答えしたいと思います。


(新潟県の飛んでけジョッキーさんより)
 先日、開運なびでラピスラズリのブレスレットを購入しました。具体的な効果はまだ(?)ですが、天然石特有の色合いや手触りが心地よく、とても気に入っています。
 ところで、浄化にはクリスタルがもっとも良いと開運なびのサイトに書いてありますが、以前、石を休ませるためにもアクセサリー類を使わない時はいつもクリスタルの上に置いておくのが良いと聞きました。
 けれど、そうすると、石が浄化されてしまい、せっかく込めた願いが消えてしまわないのでしょうか?
 また、購入したブレスレットには、ラピスの間にクリスタルも入っています。これでは自然に浄化されてプログラミングが消えてしまわないのでしょうか?


(開運なびの回答)
 はい、開運なびのブレスレットのほとんどは、クリスタル(水晶)を混ぜたデザインになっています。これは、クリスタルが万能の開運石であり、さまざまな種類のパワーを調和の方向に導くとされているためです。
 石にはそれぞれ個性があり、それを持つ人間にも個性があります。そこで、クリスタルによって、石と持ち主の間を取り持ってもらおうと意図しているわけです。
 では、石がクリスタルと触れることによって、せっかくその石に込めた願いが消えてしまわないのでしょうか・・・?
 この点は、専門家の意見はまちまちですが、私がこれまでいろいろ調べたり、体験したうえでの個人的意見としては、まったく問題なく、むしろ良い方向に開けると言えます。

 例えば、パソコンを例にとってみましょう。
 不要になったデータをゴミ箱に入れても、データは完全には削除されません。データ削除をしたつもりでも、データのインデックスだけを取り除いただけで、データそのものはハードディスクに残っています。
 これと同様で、石はクリスタルに触れることで浄化はされるけれど、再プログラミング(初期化)しない限りは、あなたの想念はその石に残っています。まして、あなただけしか使っていないアクセサリーなら、あなたの波動は常に維持されます。
 ですから、クリスタルに触れさせることは、石のツカレをとりエネルギーを与えることにはなるけれど、プログラムを消すことにはならないのです。
 ただし、もしどうしても叶えたい願いがあるなら、最低でも一ヶ月に一度は再プログラミングをし直す方がよいでしょう。
 石は身に付けている人の様々な想念を浴びます。時にはあなた自身、願い事とは正反対のネガティブな気持ちになるでしょう。そのネガティブな想念をも石は吸収します。ですから、もっとも実現して欲しい想念を繰り返しプログラミングすることは、とても有効になるのです。
 前述のパソコンのたとえで言えば、ゴミ箱に捨てたデータは完全に消去 されるわけではないけれど、どんどん溜まっていったら、不要データとみなされるものは古い順に消えていくわけです。

 パワーストーンによっては、水に弱かったり、日光に弱かったりする石もあるので、浄化用のクリスタルを持っておくととても重宝しますヨ。
 それではまた来週。


【今週の開運金言】
「事は他人を援助することによりて己自身を益す」
            (ソフォクレス『断片』より 〜古代ギリシャの作家)



※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2003 kaiun-navi All Rights Researved







開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

6月20日(金) 2003年

第47号 星に願いを 〜七夕開運法



 今週は七夕に関する話題です。伝統的な行事は、調べれば調べるほど奥が深く、とても興味深いのですが、すべて掲載することは不可能ですので、要点だけお伝えしますね。


●現在の七夕

 七夕は、織り姫と彦星が一年に一度、天の川の上でデートをする日。
 織り姫とは、琴座のベガ(Vega 織り姫座)で、彦星とは鷲座のアルタイル(Altair 牽牛座)に当たります。
 現代日本で行われている七夕は、皆さんご存じのように、笹を立てて短冊や吹き流しを飾るのが一般的ですね。短冊に願い事を書くとそれが叶うとされ、特に女性は織り姫に技芸の上達を願います。
 また、織り姫と彦星のラブロマンスにちなんで、7月7日には遠距離恋愛のカップルがデートしたり、入籍する場合も多いと聞きます。


●改めて、七夕ストーリー

 昔々、帝の娘に「織女(しょくじょ)」という美女がいて、機織りが仕事でした。織女は仕事熱心で帝の自慢の娘だったのですが、年頃になっても仕事ばかりしているので、心配になった帝は、農作業に熱心な青年「牽牛(けんぎゅう)」と引き合わせました。すると二人は互いに夢中になってしまい、まったく仕事をしなくなってしまいました。
 注意しても一向に改めない二人を見かねた帝は、織女と牽牛を引き離し、大河の両岸に離してしまいました。
 あれほど好きだった牽牛と引き裂かれ、織女は毎日泣き続けるばかり。
 これを哀れに思った帝は、一年に一度、7月7日の夜にだけ二人が会うことを許しました。その日はカササギの群がやってきて大河を渡る橋の代わりとなり、二人が会うのを助けたということです。
 


●なぜ7月7日なの?

 古代中国から伝わる陰陽道では、奇数は「陽数」とされ、奇数が並ぶ日付は縁起が良いと考えられ、祝日に当てられてきました。
 例えば、1月1日(元旦)、3月3日(桃の節句)、5月5日(端午の節句)・・・という具合です。
 また、天の川のほとりに浮かぶ織り姫座(ベガ)と牽牛座(アルタイル)が、7月7日の夜に最も接近して見えることから、この日になったようです。
 ただし、7月7日とは陰暦のことで、現在私たちの使っているカレンダーでは梅雨の時期にあたり、星空なんてあまり見えませんね。今年は8月4日が、陰暦7月7日にあたります。




●七夕の由来

 七夕は、東アジア各地で語り継がれてきた「天女の羽衣伝説」がそもそものベースになっているようです。
 それが古代中国で、「乞巧奠(きこうでん)」と呼ばれる一種の星祭りを形成しました。7月7日に、庭に祭壇を出して果物や農作物を供え、五色の糸や七本の針を飾り、織女星に技芸の上達を願う(技を乞)うというものです。織り姫が機織り上手だったという伝説から、女性が裁縫の上達を願うという意味合いが強かったようです。
 この行事が奈良時代に日本にも伝わり、雅な宮中行事として行われるようになりました。

 一方、日本には古くから、お盆(旧暦7月15日)の準備をするための行事がありました。農作物を実らせる田は、神である祖先の霊が守っていると考えられ、お盆は祖霊が帰ってくる大切な日です。その日には、祖霊を包む特別な布が必要です。つまり神の着る衣ですね。
 そこで、7月7日に「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれる巫女が、川や湖で身を清め、そのほとりで機を織ったそうです。
 この土着行事が、宮中で行われていた中国伝来の七夕行事と混合していったようです。ちなみに、「七夕」とは中国からの外来語で、ここに「たなばた」という訓読みを当てたわけです。

 七夕祭は、江戸時代に入って幕府が五節句の一つとして祝日にしたことから、さらに盛んとなりました。七夕飾りも始めは五色の糸を垂らすだけだったのが、短冊や吹き流しも付けるようになりました。



●七夕飾りで星に願いを

 七夕飾りの基本は、笹ですよね。笹は場の穢れを払い、聖なる空間を創り出す道具として古来より使われてきました。今でも神主さんが笹の葉を振ったりする場合があります。なぜ笹なのでしょう? それはおそらく、笹の葉がもつ強力な殺菌力ゆえに浄化の道具とされ、また竹の子が生長していくスピードが速いことから、生命力の象徴とも考えられたのではないでしょうか。

 次に五色の短冊。もともとは五色の布を使っていたそうですが、民間に広まるにつれ、安価な紙に変わったようです。五色というのは、風水の五行に通じるもの。皆さんも、ぜひ叶えたい夢を短冊に書いて吊してください。願い事というものは、ココロでじっと思っているよりも、口に出したり、紙に書いたりする方が、より現実になりやすいものなのです。
 吹き流しも定番ですね。これは上述した五色の布が変化したもののようです。

 昔の宮中では、星を愛でながら香を焚き、琴をならし、詩歌を創ったとか。江戸時代の将軍家でも、笹竹を2本立て、五色の糸を張り渡し、短冊や色紙に詩歌を書いて吊したそうです。この糸は「願いの糸」と呼ばれ、笹竹に橋渡して張り、天空の二星に祈りを捧げると、願いが叶うのだそうです。

 パワーストーン的にオススメしたいのは、遠距離恋愛を取り持つとされるムーンストーン。他に宇宙的な視野を広げるとされるラブラドライト、スギライト、モルダバイトも、星に願いをかける夜にはぴったりです。



 さて最後に、今週は「開運金言」の代わりに、古今和歌集から七夕にちなんだ風雅な歌を2首ご紹介しましょう。

★こひこひて 逢ふ夜は今宵天川 霧立ち渡り 明けずもあらなん
 (読人知らず)
 (大意)ずっと恋しかったあの人に逢えるのはついに今夜、どうか天の川一面に霧が立って暗くなり、いつまでも夜が明けずにいてほしい。

★七夕に かしつる糸の打ちはへて 年の緒長く 恋やわたらむ
 (凡河内躬恒)
 (大意)七夕に飾った糸のように、この恋が何年も長く続きますように。



(参考文献:「年中行事を科学する」日本経済新聞社、「年中行事覚書」講談社学術文庫、他)

※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2003 kaiun-navi All Rights Researved







開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

6月13日(金) 2003年

第46号 図形のチ・カ・ラ その1

 最近、五芒星や六芒星のペンダントを販売しているせいで、「こうした図形には何か特殊なパワーがあるのか?」というお問い合わせを多く頂くようになりました。
 そこで今号から何回かに分けて、図形のもつ意味について考えてみたいと思います。

 まず図形の前に、「物の形」という点について。
 ニューエイジの考え方では、万物は波動から成り立っているとされます。固形物から液体、気体まですべて、原子や分子が動き回り、その物質特有の波動を放っているのです。
 波動を特徴づける要素は、その物の材質など様々ですが、物の形によっても特徴づけられます。簡単に言えば、三角形は尖った感じの波動を放ち、球体はまろやかな波動を放つ・・・、そんな具合です。私たちが普段「なんとなくこんな感じがする」といった印象は、こうした波動から来ていると思われます。
 ですから、極端な話、あなたが先の尖った鋭角的なアクセサリーをしていたら、他人から見ると「すごく挑発的な感じのする人」かもしれません。ひと頃流行った“たれパンダ”を見たら、癒されるかもしれません。物の形はそのような影響を与えます。

 では次に、なぜ図形なのか? おそらくそれは、私たちが住む物理世界の構成要素を単純化していくと、三角形や六角形など、非常にシンプルな図形に行き当たるからだと思われます。例えばクリスタルの結晶には三角形の連なりが見られますし、雪の結晶や蜂の巣の巣穴は六角形です。

 実は、図形を考える時はどうしても数学が絡んできて、突き詰めていくと数をベースにした占術である「数秘学」にまで行ってしまいます。しかし私は「数秘学」については門外漢であり、数字を使った占いは姓名判断を知る程度です。
 ですので、図形パワーに関して以下に解説する内容は、完璧ではないことを最初にお断りしておきます。




●1(点)
 1角形というものはない訳ですから、まあ、「一つの点」か「数字の1」を考えてみましょう。
 1は、物事の始まりです。最初の一歩であり、一番先頭に立つ者です。また、唯一絶対(神)であり、合一なるものを表します。
 姓名判断的には、長男的な数字であり、トップにたって引っ張っていく性質です。その一方、ワンマンで独りよがりという暗示もあります。



●2(直線)
 2という数字は、「物事が割れる(割れた)」という暗示です。
 私たちの住む物理世界は、一つだったエネルギーが反対方向の極性に分かれることにより成立しています。プラスとマイナス、男と女、昼と夜、暑さ寒さ、左と右、上と下・・・。
 つまり、エネルギーが上述の「1」のままなら、両極の性質はなく、上も下もなく、右も左もなく、男と女もなく、すべてが均質で一体です。そこで、エネルギーが二つの方向に分かれることで、相対的な現象として物理世界が生まれ、多様性が生まれたわけです。
 なぜ二つに分かれたの?
 もしもあなたが性別のない世界に生まれたら、ツマラナイと思いませんか? 人生の辛さを知って初めて幸せの意味が分かったりもします。
 私たちの住む世界は、相対的なチカラの対立により成り立っており、状況に応じて両極のバランスを調整することが、心地よく生きていく秘訣であるとされます。




●3(三角形)
 ここでようやく図形が登場しますね。前述の、「分かれた2点」とは別の点を作り、全部つなぐと三角形になります。つまり反対方向に分離したチカラをつなぎ合わせ、両極の力を合わせて、尖った方向に伸びていく暗示となります。
 三角形は、エネルギーの発信と受信のカタチとして考えられます。三角形を立体化したピラミッドはまさにエネルギーの固まりと言えそうです。開運なびのロゴも真ん中が盛り上がり、ピラミッド状にしてあります。
 姓名判断的にも、3は飛躍や興隆、活気や変化などを暗示する数です。特に商売関係には良く、三井、三菱、三越、三洋電機など、社名に「3」を付けると発展するとされます(これも一概には言えませんが)。
 ただし、三角形は興隆していくチカラが強いと同時に、興隆には必ず何らかの秩序破壊がつきまとったりします。そのため、底辺が狭く上側に伸びた細長い三角形などは、それだけ鋭角的なパワーは強くなるけれど、揺り戻しのチカラを浴びたりするなど、不安定にもなります。
 姓名判断的にも、3は「明るく楽しい性質だけど、飽きっぽさもある」という読み方があります。




●4(四角形)
 4は「基礎」や「安定」を表します。
 東西南北や春夏秋冬など、様々な種類区分をするときの基礎は4種類である場合が多くあります。
 また、風水的に見ても、建物の外観や間取りのカタチで最も良いとされているのは、正方形です。正方形は、どの方位にも欠けがなく、非常に安定したカタチだからです。しかし、極端に細長い四角形などは凶相とされます。
 姓名判断的には、4はお金に縁があり、物質的なものを好む現実主義者の傾向に多く見られるとされます。
 4点をつなぐとクロス(十字架)のカタチになるわけですが、これは後半に取りあえげたいと思います。



 長くなりましたので、とりあえず今回は四角形までとさせて頂きます。続きは、おいおい掲載致します。お楽しみに。
(開運なびでは現在のところ無料姓名判断は行っておりませんので、ご容赦ください)


【今週の開運金言】
「苦い物を味わったことのない人間は、甘い物がどういう味であるかわからない」
                  (ドイツのことわざ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ●「開運なびへの提案(プレゼント付き)」当選者発表●

 沢山の貴重なご意見を頂戴しまして、ありがとうございました。下記10名
の方々に、ご指定の景品を送らせて頂きます。住所不明の方には、宛先など
を確認するメールを差し上げますので、よろしくお願い申し上げます。

しーぐぅさん、えりさん、カレーな王子様、池田圭志朗さん、すーちゃん、まばたきふくろうさん、るなさん、みれいさん、おばさん、浅埜輝明さん、なまちゃん

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2003 kaiun-navi All Rights Researved




ホームカートを見るご利用ガイドQ&Aサイトマップお問合せ会社概要

これらの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承ですが、効果を保証するものではありません。
当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。(c)20002-2003 Kaiun-Navi All Rights Reserved.