ホーム | メルマガ今週の開運ツボ | 01月14日(土) 2012年第 386号 特急あずさ号を民宿にした開運パワー

01月14日(土) 2012年
第 386号 特急あずさ号を民宿にした開運パワー

戻る



開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆




01月14日(土) 2012年

第 386号 特急あずさ号を民宿にした開運パワー




 こんにちは、開運なびの長樹です。


 いよいよ新しい年がスタートしましたね。
 お正月の初夢はいかがでしたでしょうか。
「初夢は見たはずなんだけど、すぐに忘れちゃった」という方も多い
のでは?

 考えてみると、夢というのは何もせずとも自動的に実現するのでは
なく、意識的に「実現させる」ものなのかもしれません。
 そんなことを考えたのは、昨年、ちょっと面白い番組を見たからで
す。


 TBSで月に一度深夜枠で放送している『別冊アサ(秘)ジャーナ
ル』という番組があります。
 浅草キッドの二人が中心となり、最近では「クールジャパンを探せ」
と題して日本各地をまわり、ユニークな人物や事物を紹介しています。

 この番組で、長野県上田市で『夢ハウス』というユニークな民宿を
運営している鈴木浩さんという方が紹介されていました。廃車となっ
た特急あずさ号をJRから譲り受け、内部を改造して民宿にしている
のです。
  ↓
 夢ハウスのホームページはこちら

 なんだ、それだけなら別にユニークじゃないじゃない、ただの鉄道
オタクの趣味が高じてのことでしょ・・・、と思われるかもしれませ
ん。
 しかしそうではないのです。

 鈴木浩さんは別に鉄道に興味があったわけではないのに、不思議な
つながりで特急あずさ号を民宿にすることになったのです。
 ざっと経緯をご紹介しましょう。


----------


 鈴木さんは子供6人を抱えながら、1994年に勤めていた会社をリス
トラに。
 そこで最初は障害者用の靴を作りながら、細々と生計を立てていま
した。

 ところがお正月に妙な夢を見ました。
 特急あずさ号に乗って旅をしている夢です。

 別に電車なんか好きではないし、先行きが見えない状況の中でこん
な夢を見るなんて不思議だ・・・。
 そんな風に考えていたら、ココロの中であずさ号のことがどんどん
膨らんでいき、いつの間にかJR長野支社に赴き、こう頼んでいたそ
うです。

「あずさ号の夢を見ました。子供達に夢を与えたいので、あずさ号を
 ください」

 突然こんなことを言うなんて、申し訳ないですが、ちょっとプッツ
ンおじさんです。
 もちろん最初は相手にされません。
 ところが鈴木さんはまったくめげず、毎日JRに通い詰めます。

 あきれたJR側は、なんとか諦めさせようと、鈴木さんに2つの条
件をクリアしたら考えても良いと伝えました。
 その条件とは、
 ・上田市の市長が保証人になること
 ・屋根のある置き場所を用意すること

 鈴木さんには、上田市長とのコネなどありません。
 でもその日のうちにすぐに上田市役所に向かって、事情を話しまし
た。
 もちろん相手にしてくれません。
 やっぱりプッツンおじさんです。

 ところがその数日後、
 膝の悪い方に頼まれていた靴を作って届けたところ、その人は市長
の同級生で、選挙の責任者を務めた方でした。
 鈴木さんが事情を話すと、市長に頼んであげようということになり、
すぐに市長と会う機会が巡ってきました。

 鈴木さんは一所懸命ワープロ打ちした企画書を持参し、市長に見せ
たところ、それを読んだ市長は、名刺を一枚渡してくれました。

 名刺の裏には
「私が保証人になります。この人の夢を叶えてあげてください」
 と書かれていたそうです。


 それ以降はJRも協力に転じました。
 車両自体は廃車だったので費用はさほどかからないものの、運送費
が相当かかったそうですが、鈴木さんは全財産をはたいてあずさ号を
購入。

 と言っても、最初からあずさ号を民宿にしようと思っていたわけで
はなく、とりあえず住む所がなかったので、一年間はあずさ号内で暮
らし、その後少しずつ周辺を手作りして民宿にしていったそうです。

 今では日本全国から泊まりに来てくれた人に、
「こんな男でもこれだけのことができるんだよ」と話すと、
 自分もやり直してみようと元気を出してくれるのが一番嬉しいそう
です。


----------


 普通に考えたら絶対無理、と言うより、常識がある人ならこんなプ
ッツンな行動は取らないはずです。

 でも、鈴木さんは可能か不可能かなど眼中になく、「夢を実現させ
たい」という思いだけで行動しました。
 すると不思議なことに、次から次へと幸運の偶然が重なり、夢が実
現していくことになったわけです。

 こうした現象は実はよくあることで、人が余計なことを考えず、集
中力を高めて一心不乱に何かを行うとき、奇跡的な現象が起きるので
す。
 自己実現の分野ではこうした現象が「引き寄せの法則」と呼ばれた
り、心理学の分野では「フロー」と呼ばれたりします。
 スポーツの分野では、「ゾーンに入る」という言い方をします。

 いずれにせよ、明確な目的意識を持ち、ネガティブな雑念に捕らわ
れることなく、高度に集中した意識状態で物事を行うとき、人間には
とてつもないことをやってのける力が隠されているようです。
 それはおそらく、常識という名の先入観から自由になることで、現
実を創り出す源と同調できるためではないかと考えられます。


 もちろん、誰もが鈴木さんのような現象を起こせるとは限りません。
 中途半端な気持ちで真似したら、ただ常識のないプッツン人になっ
てしまう可能性もあります。
 それでも、未来に対して諦めを先立たせ、今の場所に留まろうとす
るよりは、はるかに建設的です。


「夢は何もせずとも実現するものではない、意識的に実現させるもの」
 そう考えて行動するとき、小さな偶然の積み重ねが起こりやすくな
っていくことは確かです。


 新しい年の始まりは良い機会です。
 まずは一歩踏み出してみませんか。



 それではまた次回

 祈開運!




【今週の開運金言】


「一歩を踏み出した人間にはすでに過去は消え、目の前には洋々たる
 道がひらけてくるのです」

(宇野千代『人生学校』)



※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。禁無断転載。
(c)Open Sesame All Rights Reserved

戻る
ご利用ガイド
はじめに パワーストーンについて 選び方 カートの操作 お支払い/発送方法(送料はこちら)
キャンセルや変更 発送のタイミング 返品について お取り置きサービス 個人情報保護
ログインホームカートを見るご利用ガイドQ&Aお問合せ会社概要通信販売法に基づく表示サイトマップ

当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。  ©Open Sesame Co.ltd., all rights reserved.
※「パワーカクテル」「パワーストーン・カクテル」は開運なびのオリジナル製品であり、ネーミングの転用を禁じます。