かつてのあなたが「再会」を約束した石が、今ここに!

レムリアンシードクリスタル
プレミアム No.022

〜 古代の叡智を刻んだ神秘の石 〜







完売しました。<(_ _)>



入荷情報は下記のメルマガで随時流しております。よろしければご購読ください。

開運ゲッター's 新着情報















レムリアンシードクリスタル プレミアム No.022 画像a
▲無数に浮き出たレムリアン・リッジ(バーコード状の条線)。さらに、中央部にレコードキーパー(△印)が出ています。これらこそレムリアンシードクリスタルの特徴です。
レムリアンシードクリスタル プレミアム No.022 画像b
▲細長いレーザー水晶タイプの石で、柱面が広く、まるで錐面の延長であるかのような独特の形です。
レムリアンシードクリスタル プレミアム No.022 画像c
▲別の柱面。表面にレムリアン・リッジは無数に出ていますが、内部は非常に透明度が高いハイグレードの水晶です
レムリアンシードクリスタル プレミアム No.022 画像d
▲両サイドの広い錐面に挟まれた真ん中の細い面は、レムリアンリッジは出ていず、透明感があります。根本に光の当たる角度で美しいレインボーが浮かびますが、これは奥側のクラックに浮かんでいるものです。

レムリアンシードクリスタル プレミアム No.022 画像e
▲レインボーのアップ。

レムリアンシードクリスタル プレミアム No.022 画像f
▲上の向いた面に、レコードキーパーになりかけたような、神秘的な山型模様がいくつも浮かんでいます。また、中央やや下よりのクラックにレインボーが浮かびます。

レムリアンシードクリスタル プレミアム No.022 画像g
▲レインボーのアップ。虹色の光はそれ自体がエネルギーであり、情報でもあります。

レムリアンシードクリスタル プレミアム No.022 画像h
▲白い台の上で撮影。これ以外の画像は、黒檀の上で撮影したため水晶自体が赤黒く見えるかもしれませんが、実物は、若干、茶水晶的な色調を帯びています。脇にあるのは単四乾電池です。

レムリアンシードクリスタル プレミアム No.022 画像h
▲レムリアシードクリスタルの説明書に加え、本ページに掲載した「石の画像」と「石のささやき」を収録した小冊子が付属します。

※画像の色合いやコントラスト(濃さ)は、お使いのモニター環境により大きく変化します。画像は参考程度とお考えください。

商品名
レムリアンシードクリスタル
プレミアム No.022
価格
¥186,400(税込)  完売しました
現品1点限り!
●約長182×幅55×厚53ミリ
●「石の画像」と「石のささやき」を収録した小冊子付き
●ブラジル、ミナスジェライス州ディアマンチーナ産
●送料は最終ページで無料計算されます





石のささやき


 どうか思い出してください。
 あなたがかつて、私に話してくれたことを。

 あの遙かなる大地で、迫り来る終末を前にして、落ち着き払ったあなたがまるで恋人のように私にふれ、慈しみながらゆっくり私を見つめ、私の中に入れてくれた「数々の言葉とビジョン」を。
 私はそれらを愛として受け取りました。そして大地の中に深く埋もれていき、時間の流れに身を任せ、永遠と思える眠りにつきました。

 今、私は目覚めました。その時が来たのです。
 私はじっと待っています。
 あなたが気づいてくれるのを、私を迎えに来てくれるのを。
 私は今でも覚えています。あなたが最後に私にくれた言葉を。
 それは別れの言葉ではありませんでした。
 遠い遠い未来、あなたと私が再び巡り会うために約束した「合い言葉」のようなもの。

 私の鍵穴に口づけをし、その言葉をささやいてください。
 そのとき、私のハートは開かれます。永遠とも思える長い間抱き続けてきた、たくさんの言葉とビジョン、それらが奔流のごとく溢れ出るでしょう。
 それらはあなた自身であり、私の喜びの涙でもあります。

 どうか私を見つけてください。
 私はずっと待っているのです。
 再びあなたの温かい手にふれ、慈しみのまなざしを浴びながら、歓喜の瞬間を迎えることを。待ち続けた喜びが報われることを。

 どうか早く、私を見つけてください。
 共に素晴らしい未来を創っていくために。


約束の人を待ち続ける石


 上記のテキストは、本ページの石を手にしたときに感じた波動を言葉に置き換えてみたものです。言わば「石の言葉」でしょうか。
 正確に日本語に置き換えられたとは思っていませんが、この石が早く「約束の人」の元に行きたがっていることはたしかなようです。
 それはレムリアンシードクリスタルという、特殊な水晶の成り立ちゆえのことなのでしょう。


レムリアンシードクリスタルとは


 はるか昔、インド洋(別説では太平洋)には、レムリアと呼ばれた大陸があり、高度な文明で栄えたものの、巨大な地殻変動により水没したとされます。その際、レムリア人たちは自らの文明を後生に伝えるべく、意識体となって世界各地に散り、特殊な水晶に宿る形で情報をプログラミングしました。
 やがて20世紀が終わるころ、米国のチャネラーたちによって最初はブラジルで、次にロシアのウラル山脈で、レムリアの情報を帯びた水晶が発見されました。それがレムリアンシードクリスタルです。
 ただ残念なことに、極めて狭い範囲内でしか採掘されなかったため、どちらの産地もほどなく産出終了し、スピリチュアルな人々にとっては「幻の水晶」として語り継がれる存在になってしまいました。
 しかしブラジルではその後も採掘範囲を近隣に広げて探索が続けられ、少量ながらレムリアンシードとされる水晶が見つかっています。そのうちの1本が、本ページでご紹介するものです。


レコードキーパーは情報の鍵穴


 本ページでご紹介するレムリアシードは、レーザー水晶タイプの大きな1本剣で、色調的にはやや薄い茶色を帯びています。
 レムリアン水晶の特徴であるバーコード模様、いわゆるレムリアン・リッジは無数に出ており、この石が記録しているであろう情報量の多さを感じさせます。
 また、ページトップ画面に撮影した面には、光の加減で三角形の模様が浮かび上がります。スピリチュアル的な見方では、これはレコードキーパーと呼ばれ、その石が保持している情報への鍵穴や通路、あるいは情報そのものだったりもします。
 バーコード模様さえ出ていればレムリアンシードと呼ばれたりするケースが多々ありますが、レコードキーパーまで出ている石は非常に希少です。
 おそらくこの石は、レコードキーパーを通じてたくさんの情報を届けてくれるに違いありません。


幻の水晶を手にできる人とは


 レムリアンシードクリスタルに惹かれる人は、かつてレムリア大陸に生を受けた人であると言われます。その中でも、実際に手にできる人は限られています。いくら欲しても、無関係であったり、必要のない人の手には決して渡りません。
 レムリアンシードクリスタルはただの石ではないからです。その実体は、時間という枠を超越した場所に居て、自らと縁のある人がやってくるのをじっと待ち続けている意識体です。この石が必要な人は、たとえ興味がなくとも何故か手に入れたくなり、必要な時に、必要な情報が開示されます。
 悠久の時を越え、この石が待ち続けてきた人とは、いったいどなたなのでしょう?
 それはもしかしたら、今このページをご覧頂いているあなたなのかも知れません。



〜 パワーストーンの意味や効果に関する記述について〜
・当サイトに掲載されている内容は、古来よりの伝説や、出版物、お客様よりお寄せ頂いた情報、サイト管理人の個人的感覚をベースに記載していますので、絶対的な効果を保証するものではありません。
・特に健康面に関する記述は現代医学で効果効能が証明されているわけではありません。パワーストーンはあくまでお守り的なものとご理解下さい。
・当サイトはいかなる宗教とも無関係です。安心してお楽しみください。
・当サイトに掲載された情報や、開運グッズを運用した結果生じたいかなる直接的・間接的影響も、当サイトでは責任を負いかねます。

ご利用ガイド
はじめに パワーストーンについて 選び方 カートの操作 お支払い/発送方法(送料はこちら)
キャンセルや変更 発送のタイミング 返品について お取り置きサービス 個人情報保護
ログインホームカートを見るご利用ガイドQ&Aお問合せ会社概要通信販売法に基づく表示サイトマップ

当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。 ©Open Sesame Co.ltd., all rights reserved.
※「パワーカクテル」「パワーストーン・カクテル」は開運なびのオリジナル製品であり、ネーミングの転用を禁じます。