インドの聖地で採取される珍しい石。懐妊守りとしてもどうぞ!

タントリック リンガム









完売しました。<(_ _)>



入荷情報は下記のメルマガで随時流しております。よろしければご購読ください。

開運ゲッター's 新着情報















タントリックリンガムサンプル画像 a
▲上記はサンプルです。クリックすると拡大画像が開きます。
タントリックリンガムサンプル画像 b
▲天然石の加工品ですので、ひとつひとつ、色合いや形状が異なります。

パワーストーン用ポーチ
▲無料ポーチの色は、お選び頂けます。
左から、赤、ピンク、黄色、白、水色、緑、紺、黒。
上段がMサイズ、下段がSサイズ。
サイズは、石の大きさに合わせて当方で選ばせて頂きます。
ポーチの色を複数ご希望される場合は、メニューで複数色を選択できないため、ご注文入力画面に出てくる「ご意見ご連絡欄」に、ご希望の色を記入してください。
ポーチの詳細情報は画像をクリックしてください。

ヒマラヤ水晶のシバリンガム
ヒマラヤ水晶のシバリンガムはこちら
商品名
タントリック リンガム
価格
¥945(税込)  完売しました
約長さ20〜25×直径10〜13ミリ
ポーチ色

 タントリック・リンガムとは、ヒンズー教の祭事や瞑想に用いられる石で、持つと生命力や創造力が高まるとされます。

 産地は、インドにおける巡礼の7大聖地のひとつ、ナーマダ河。この河の底に堆積した砂岩を細長い卵型に成形した作られたものです。
  この砂岩は、クリストバル石(高温で結晶する水晶の一種)という鉱物で形成されており、数百万年前に地球に落下した隕石が錆びてできたと伝えられる酸化鉄の河床に埋まっているそうです。
 ヒンズー教徒は聖なる伝統に従って年に一回のみこの砂石を採取してリンガムを作り、シヴァ神を祀った寺院に奉納したり、崇拝の対象にすると言います。

 言い伝えによれば、タントリック・リンガムは、肉体のエネルギーと知識を具現化したものであるとされます。
 タントリックとは、タントラの派生語で「組み合わせる」「融合させる」という意味。
 リンガムは男性器のシンボルで、宇宙卵や生命エネルギー、インドの最高神シヴァ神そのものを象徴する場合もあります。(そのため、タントリック・リンガムはシバリンガムと呼ばれる場合もあります)
 つまり字義通り解釈すればタントリック・リンガムは、男性性を強め、女性性との組み合わせを計って新しい生命力を生み出す、つまり妊娠と出産のお守りとしての側面もあるようです。
  タントリック・ヨーガというヨガの技法もあり、やはり男性性と女性性を融合させるものだそうです。

 そこまで深く考えなくとも、根源的なエネルギーが詰まったカプセルのようなものとしてイメージすれば間違いないでしょう。理由のない疲労感にさいなまれている方には、とても良いお守りになってくれそうです。

ご利用ガイド
はじめに パワーストーンについて 選び方 カートの操作 お支払い/発送方法(送料はこちら)
キャンセルや変更 発送のタイミング 返品について お取り置きサービス 個人情報保護
ログインホームカートを見るご利用ガイドQ&Aお問合せ会社概要通信販売法に基づく表示サイトマップ

当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。 ©Open Sesame Co.ltd., all rights reserved.
※「テラトリニティ」は開運なびのオリジナル製品であり、ネーミングの転用を禁じます。